18日 9月 2018
「エントロピー」という言葉を耳にしたことはありますか?これは元々、物理学で使う言葉で、「物質の状態の乱雑さの程度」を数値で表したものです。物理の一分野である熱力学の世界で考案された概念です。最初からご存知の方は別として、初めて耳にする方にとって、このような説明を聞いても理解する人はあまりいらっしゃらないと思います。そこで、身近な例を示しながら「エントロピー」について独り言を語ります。  先程、エントロピーは数値であると言いました。そうであれば当然、その数値を求めるための数式が存在しますが、ここではその数式には触れず、その概念についてお話を進めてまいります。今回の表題を単に「エントロピー」とせずに「増大の法則」を付け加えたのには理由があります。それは、世の中の状態は、放置しておくとエントロピーの値が小さい状態から大きい状態に変化してゆくという性質を明確にしたいからです。まず、エントロピーが大きい状態とはどういうことでしょうか。ここで、具体的な例を挙げてみなしょう。 今年は本当に暑い夏でしたが、ここにきて、その暑さも和らいで、これから冬に向けて熱燗が美味しい季節になります。いやいや、いくら寒くても常温でないとお酒の本当の美味しさはわからない、と主張する方も中にはいらっしゃるでしょう。しかし、ここでは、どちらが美味しいかを比べるのではなく、どちらのエントロピーが大きいかを論じています。答えは、常温のほうが熱燗よりエントロピーが大きいのです。熱はエネルギーのひとつの表れです。熱燗が周囲の気温よりも温度が高いのは、そこにエネルギーが集中しているからです。エネルギーが一様に慣らされておらず一か所に集中している状態こそ、エントロピーが小さい状態なのです。そして、放置しておくと熱燗は冷めて常温になります。これこそが、エネルギーが拡散して周囲と一様に慣らされエントロピーが増大したということになります。その結果、常温に冷めたお酒はエントロピーが大きい状態といえます。 物理学的視点からエネルギーを例に説明しましたが、こういった話は社会の至る所に見られます。例えば、「朱に染まれば赤くなる」という言葉があります。これもエントロピーが増大したと見ることができます。注意してみていると、世の中にはこういったことが多く見つかるのに気が付きます。物理が社会の意外なところで繋がっているというお話でした。
14日 9月 2018
 弊社はこのたび、弊社が1部屋を所有する【ワコーレ西馬込】の管理組合総会において監事に選出されました。弊社では、現在管理組合の運営に対する参画を進めており、その一環となります。投資用マンションの役員(理事、または監事)として管理組合の運営に参画するのはこれが5番目となります。...
13日 9月 2018
大田区池上8丁目にございます、弊社所有物件、「サンコーポ池上」。 鉄筋コンクリート造4階建、全14戸の物件。 現在リニューアル工事中の東急池上線「池上 」駅より、徒歩8分です。駅前には賑やかな商店街がありますので、お買物も便利です。 このたび、最上階の4階のお部屋のリフォームが完了いたしました。...
11日 9月 2018
気温が下がり、灼熱の夏もようやく終わろうかといったところでしょうか。こういった季節の移り変わりのとき、これまでは花鳥風月など、自然の営みをテーマにすることが多かったように思います。今回は趣向を変えて不動産会社ならではの季節感を月毎に表現してみたいと思います。...
07日 9月 2018
現在、『エンゼルハイム大森第5』と『Wコンフォートタワーズ』のお部屋の募集をしていますが、仲介業者さんから、「水商売の方は大丈夫ですか?」とか「生活保護の方は大丈夫ですか?」などという問い合せをよくいただきます。...
06日 9月 2018
現在リノベーション工事中の弊社所有物件 「ナイスアーバン大森 501号室」。 この夏の酷暑の中、工事は進んでおります。 職人の皆さんは、エアコンの無い中での作業。本当に暑くて大変だと思います。 前回の物件情報では、室内は部屋の仕切りの壁も床のフローリングも取り払い、広い土間の様な状態でした。...
03日 9月 2018
 ありふれた日常生活の中にも小さな疑問があります。例えば「くしゃみをすると何故、人から噂されていると言われるのか?」「お風呂で手足がふやけるのは何故か?」などなど、理由を知らないまま常識となっていることが何と多いことでしょう?こんな話をするとピンとくる方がいらっしゃると思います。そうです、NHKの番組「チコちゃんに𠮟られる」です。ご存知ない方は一度、試しに視聴してみてください。ここに示したような素朴な質問が想定年齢5歳の少女として設定された架空のキャラクター「チコちゃん」の口から飛び出すと、これに答えられず、たじろぐ大人のタレントに対してチコちゃんが吠える「ボーっと生きてんじゃねぇよ」の決め台詞がなんとも痛快なんです。  ここで取り上げられるテーマは、生活してゆくうえで大して重要と思えないことが多いのですが、何故か「へ~」とか「なるほど」と心の中で呟いてしまいます。そこが、この番組のもう一つの魅力だと思います。そして、たまにはゲスト回答者の口から正解が滑り出ることがあります。そんなとき、チコちゃんは、いつもの決め台詞の代わりに「つまんねぇ奴だな」とのたまい不機嫌になります。このことからもわかるように、チコちゃんはこじつけでも嘘でもいいから面白い回答を望んでいるのです。ここでの質問は間違った答えであっても生活に差し障りはありません。むしろ、正解でなくても誰も思いつかないユニークな発想で、チコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねぇよ」を引き出すことこそ番組の中心に構成されているようです。  不動産に関わる仕事をしていて、金銭の授受、法令上の問題、道義上の問題、一般的社会常識など、疎かにできないことが多々あります。そういたことについて、数字は勿論のこと、言葉の使い方まで正確無比である必要があります。しかし、新規分野に進出したり、営業網を拡大するため、新しい地域で仕事を始めようとするときは、最初から、これしかないという立派な答えが得られないかもしれません。そんなときはチコちゃんに叱られることを恐れず、何でも口に出してみないといけないな、と思うのでありました。
31日 8月 2018
 弊社では、入居者の方から退去のご連絡をいただくと、退去日に立ち会い確認をさせていただきます。その場で要修繕箇所の確認をし、必要があれば修繕の手配をし、不要であればクリーニングの手配をして次の募集に速やかに入れるように段取りをします。時に募集に関しては、予告形式で開始させていただくことがあります。すなわち、「1週間後から内見可能」とした上で、その間クリーニング等内見していただくための準備をするものです。内見時には、万全の準備をしてお部屋を見ていただくようにしております。  そうしていざ予告募集を開始すると、物件によっては一刻も早く内見をしたいというご希望をいただくことがあります。現在募集中の『ルフォン白金台ザ・タワーレジデンス』もそんな物件の一つです。賃貸物件の募集では、一般的に「早い者勝ち」なので少しでも早く内見をして申し込みをしたいというところからのご要望です。募集する立場としては大変ありがたいのですが、弊社としてはクリーニング前の状態をお見せするのは避けたいと考えていますので、申し訳ないのですがお断りさせていただいております。  では、内見できるようになってから募集すればと思われるかもしれませんが、予告募集も仲介業者様から「翌週の予定を立てたいので早めに情報がほしい」というご要望によるものなので、なかなか難しいところがあります。時に「クリーニング中でもいいので見たい」と言われることもありますが、これもお断りさせていただいております。  なぜクリーニング前にお見せできないのかと申しますと、これも他の物件から得た教訓です。我々も時にお客様からのご依頼を受けて他所のお部屋をご案内することがあります。我々も初めての部屋であり、ライバル物件として参考にしようと考えながら現地に臨むのですが、クリーニングどころか退去時のままという状態のお部屋にあたることがあります。そこかしこに埃が溜まっていて、しかもスリッパすら設置されていないと、中も見ないで帰りたくなります。    内見に来られる方は、わざわざ時間を割いて来ていただく事を考えると、そのような状態で中を見せるのは失礼ではないのかと思います。やはりきちんとした状態で見ていただくのが当然だと考えます。早く見たいというご要望もよくわかりますが、これだけは譲れないポリシーとしてこれからも維持していきたいと考えています。 (H)
30日 8月 2018
東京メトロ有楽町線「辰巳」駅より徒歩6分、江東区東雲1丁目にございます45階建のタワーマンション、「Wコンフォートタワーズ WEST」 弊社が所有しております、3102号室の 賃貸募集を開始させていただきます。 「Wコンフォートタワーズ」は、EAST棟(673戸)とWEST棟(476戸)があり、居住者の方は、双方にある充実した共用施設のご利用が可能です。...
28日 8月 2018
 季節感とは四季折々の気候や動植物などの自然、あるいは古くから人々の間で営まれてきた行事を通して、その季節の特性を感じることで湧き出てくる感覚です。そして、才能ある一部の人は、その感覚を切り取ってきて言葉や音楽、絵画、映像などで表現し、多くの凡人は、それによって癒され、励まされてきました。したがって、夏は夏らしく暑いことをポジティブに捉える傾向がありました。たとえば、照り付ける日差しにさえ、この季節特有の解放感と冒険心を感じ、いつのまにか秋が近づいてくると、過ぎゆく夏に惜別の想いを抱くものでした。 ところが、ここ数年、夏の暑さはエスカレートし、今年ときたら、もう呆れるばかりです。日本全国35℃を超えるのが当たり前で、テレビでは毎日のように「命にかかわるので熱中症に注意するように!」と呼びかけています。それに加えて台風の当たり年などと揶揄され、大雨により甚大な災害を被りました。これでは季節感による癒しどころか逆に、怒りや悲しみといった、むき出しの激情を呼び覚まされてしまいます。それゆえ、過ぎゆく夏を惜しむなどと気取っている心境にはなれません。一日も早く秋を出迎えて涼しくなってもらいたいと願うばかりです。 翻って自分自身の周囲を見渡してみると、自宅はエアコン、事務所もエアコン、通勤電車の中ももちろん、エアコンがあって、たまに外気の熱風に吹かれても、さほど体に負担はかからずに暮らしています。被災地にお住まいの方やその地に乗り込んだボランティアの方々には大変申し訳ありませんが、私たちは文明の利器に助けられて、どうにかやっています。だからといって安穏としている訳にはいきません。小さな故障ならともかく、大規模災害による停電などが発生すれば、今の生活は到底不可能なことは容易に予想がつきます。そして、その危険性は思いのほか身近に迫っているかもしれません。 自然は人々に美しい姿で微笑みかける一方で、ひとたび牙を剥くと絶大な力で人々の生活を破壊してしまう恐ろしい存在でもあります。思えば、歴史とは人と人との関係ばかりではなく、自然との闘い、あるいは共存が繰り返されてきたともいえます。だからといって人もまた、自然の一部なのだからと諦めてみても、少しも涼しくはなりません。結局はエアコンのスウィッチを押して今日一日を凌ぐ夏の日でした。

さらに表示する