19日 5月 2019
京浜急行線「大森町」駅より徒歩4分、大田区大森西5丁目、国道15号線(第一京浜)沿いの立地のマンション、「エンゼルイン大森」 鉄骨鉄筋コンクリート造14階建て、全99戸の物件です。 このたび、10階の角部屋のお部屋、「1007号室」の賃借人様の募集を開始いたします。...
13日 5月 2019
 今年のGWは今までにない10連休、しかも連休中に元号が平成から令和に代わるといった、滅多に遭遇しないことが重なって、これらに因んだ報道が盛んにメディアを賑わしてきました。ここにきて、ようやく落ち着いてきて正常なモードになってきたように感じます。...
10日 5月 2019
現在、当社は投資用マンションの資産価値向上に努めています。具体的には管理組合の役員になり、様々な施策を実施しています。その第一弾として、【日神パレステージ大森】において、このたび無料Wi-Fiの導入にこぎ着けました。現在、入居者と日程調整の上、着々と各部屋の工事を進めています(室内の工事が必要なので入居者の方のご都合に合わせないといけないのです)。さらに夏までには旧式化した郵便ボックス(サイズが今の宅配便事情にあっていません)も宅配ボックス一体型に交換いたします。 こうした資産価値向上に対する積極投資を進める一方、その費用を各オーナーに転嫁するのではなく、費用削減により捻出しています。具体的には共用部分の電気代を削減することと、管理会社に委託していた会計業務を管理組合で行うようにし、委託費を削減することなどです。電気代はLED照明を導入いたしましたが、1年経過し、明確な削減効果が出ています。これらにより、各オーナー様に管理費の増額等の資金負担を強いることなく、新たな投資を可能にしています。 また、設備投資だけが資産価値向上につながるわけではございません。駐輪場の整備も進めているところです。以前は駐輪場も登録ルールが徹底されておらず、明らかに誰も乗っていないと思われる自転車が放置されていたりしていました。そうした自転車については、警告の上撤去を進めています。現在では登録率がかつての50%未満から90%以上に向上しています(今月中に100%になります)。『割れ窓理論』ではないですが、整理整頓ができていない環境を放置していると、やがて「そういう状態を気にしない」入居者だけになっていきます。そうした「劣化」も防いでいきたいと考えています。 現在、当社が役員として関与している投資用マンションは5棟です。今後、これをさらに増やしていきたいと考えています。建物は時間が経てば劣化するのはやむを得ないというものではありません。「マンションは管理が命」と言われますが、まさにそれをこれからも実践していく予定です・・・ (H)
09日 5月 2019
京浜急行線「京急蒲田」駅より徒歩10分、東京都大田区東蒲田2丁目、弊社が管理させていただいております、築浅賃貸アパート、「Amitie Kamata 」(アミティエ カマタ) このたび、「202号室」の賃借人様募集を開始いたします。 「Amitie Kamata」は、2017年11月築、木造3階建てで、全12室。 オートロック、防犯カメラ(エントランス内)、駐輪場あり。Wi-Fi利用料無料です。...
26日 4月 2019
タワーマンションの魅力の一つとしては、間違いなく「眺望」が挙げられます。高所恐怖症の人は別として、やはり高いところからの眺めは格別なものがあります。東京のようなゴチャゴチャした街並みでも高所から一望すると、また違った一面が見えます。ビルで言えば30階以上の高さになると、東京タワーやスカイツリー、都庁など公共スポットに出掛けて、しかもお金を払わなければ見ることのできない景色をタワーマンションでは毎日見ることができます。 現在、賃借人様を募集中のクレッセント川崎タワーもそんな眺望が魅力のタワーマンションです。部屋は最上階の38階。視界を遮るもののない眺望は、眼下の川崎の街並みをはじめとして、蛇行する多摩川や近年話題の武蔵小杉のタワーマンション群なども一望に見渡せます。これらの夜景もまた昼とは違う顔を見せてくれますし、夏の多摩川花火大会は特等席で観覧できます。 こうしたタワーマンションを購入するのは一大事ですが、賃貸であれば比較的容易に住むことができます。人生の一時期、一度はタワーマンションライフを味わってみるのもいかがかと思います。ご興味のある方は、是非下記よりお問い合せ下さい。 (H)
25日 4月 2019
東急池上線「池上」駅より徒歩8分、大田区池上8丁目にございます、弊社所有物件、「サンコーポ池上」。 マンション周辺の道は平坦で、近隣は静かな住宅街です。 現在、1階の2DK(38.76㎡)のお部屋、「101号室」の賃借人様募集中です。 前回の物件情報で、101号室のお部屋の中をご紹介させていただきました。...
23日 4月 2019
 東京では桜も散り、初夏を思わせる爽やかな陽気になってきました。今年は季節の移り変わりに合わせるように元号が平成から令和に代わります。それに伴う未未曾有の10連休が、もうすぐそこまで来ています。カレンダーの数字は赤くなりますが、それに合わせて休む人たちばかりではありませんが、やはり世間一般は休日モードです。...
19日 4月 2019
このたび、弊社ではサンコーポ池上101号室の募集を開始いたしました。募集にあたり、室内を点検いたしましたが、やはり時間が経てば随所に傷みや老朽化が生じます。次に借りていただくことを考えると、できるだけきれいにして借りていただきたいと思います。そこで今回はかなり手を入れて修繕いたしまた。...
18日 4月 2019
大田区池上8丁目、東急池上線「池上」駅より徒歩8分、弊社所有のマンション、「サンコーポ池上」 鉄筋コンクリート造4階建て、全14戸です。 このたび、1階の2DK(38.76㎡)のお部屋、「101号室」のリフォームが完了いたしましたので、賃借人様の募集を開始いたします。...
16日 4月 2019
私は用もないのに事務所の中をうろうろ歩き回る癖があります。社員の皆さんにとって、さぞ迷惑なことだろうと思いながらも事情があって歩いています。そうして訳もなく歩いているとき、事務所の壁の掲示物の中で、ふと目に付いたのが「TOKYO働き方改革宣言」でした。弊社も働き方改革に取り組んでいることを宣言しているわけですが、そもそも働き方改革とは何なのか、いい機会なので、その正体について調べてみました。以下、即席の知識を恥ずかしながら披露いたします。  働き方改革の名のもとに様々な施策が打ち出されています。たとえば「長時間労働を是正するために時間外労働を規制する」とか「同一労働同一賃金を目指して非正規と正規社員の格差を是正する」とか「高齢者の雇用促進」などなどです。これに伴い各種法令が改定されましたが、これら一連の流れの背景には「日本の将来の労働人口の減少により国力が低下することを阻止する」という大きな目的が控えているとのことです。先に掲げた施策がどのように作用するのか、また本当に目的通りの結果が得られるのだろうかについては、ここで長々と論じても退屈なばかりです。弊社においても「働き方改革」に伴う影響は出てきますが、ここでは何故こんなことをするのかをしっかり見据えて参りたいと思います。

さらに表示する