2017年

9月

27日

チャレンジという生き方

つい先日のこと、プロテニスプレイヤーの伊達公子さんの引退表明がありました。私自身はテニスについて全く疎くて、実際にプレイするどころかルールもよく知りません。それでも伊達さんの輝ける戦績は以前からニュース等で知っていました。そして25歳で一度、引退し、11年あまりのブランクを経て9年前に現役復帰して、今回は二度目の引退であることは多くの人が知るところです。

 

人間の身体は年とともに成長し、また老いて衰えてゆくのが自然の摂理です。そうなると、ブランクの間に歳を重ね、再度復帰するなどということは常識の範囲を超えた勇気が必要なはずです。伊達さんは、これまでの栄光に浸って生きるよりテニスを通して再びチャレンジする人生を選んだのでしょう。当然、若かりし頃に比べて、かつて楽々と出来たことも容易ではなくなり、悔しかったり、寂しかったりしたはずです。それでも、「チャレンジが好きで始めたことだからやめる理由にはならない」と言ったそうです。(ニュースの記事を転用)

 

そして、チャレンジすることが目的だから試合の成績でかつての栄光が取り戻せなくても、ただ黙々と目の前の試合に勝つためだけを考えてテニスに打ち込んだそうです。それが伊達さんにとって苦痛ではなく、むしろ生きている証だったのかもしれません。

 

 

わが身を振返って、スポーツの世界ほど顕著ではありませんが、最近、いろんな意味で衰えを感じざるを得ません。身体能力だけではなく、毎日、生きていれば仕事や家庭で思い通りにゆかないことが起こるのは誰でも同じだろうと思いますが、そんな折に、このニュースを目にして勇気を貰った気がします。人はどうしても結果を出そうともがきたがります。でも、その「もがき」自体を目的と認識する生き方もあるということでしょうか。

 

 

0 コメント

2017年

9月

20日

彼岸

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、この時期を境に、これまでの猛暑が様変わりして秋が駆け足でやってくるようです。彼岸とは仏教でいう死後の世界とでも言いましょうか。いわゆる三途の川の対岸で、ご先祖様も含め、この世で生を終えた者が川を渡っていくところです。それが、春分の日と秋分の日の前後を彼岸と呼んでご先祖様に手を合わすようになったのは何故でしょうか。

 

私の両親は、生前、お寺の行事には熱心で、お寺で主催される月例会に出席するだけでなく、こうした折には必ず自宅にお坊さんを招いて、経を読んでいただくのが常でした。何故、それほどまでに熱心だったのか本人たちに尋ねてみたことはありませんが、推測するに、二人とも子供の頃に当時は不治の病であった結核を患い、子供心に死を身近に感じていたかもしれません。また、10代後半の多感な時期に戦争が起こり、そこでも死と隣り合わせの経験をしています。そして、経済的にも苦しい時期を乗り越えて世間から成功者として認められるといった生涯において無常観を感じていたかもしれません。

 

人の一生というのは一人一人異なっていて同じであることはあり得ません。しかし、この世に生を受けてから幼少期、成長期、青年期を経て壮年期を迎え、晩年期、さらには最晩年期に至り、必ず死を迎えるという時間軸でそれぞれの時期を比較することはできます。私も来年は還暦を迎えるにあたり、ふっと気が付くと無意識のうちに、父がその年齢に何をしていたか現在の自分と比較していることが多くなりました。そうしてみると、残念ながら父に及ばないところがあまりに多くて畏れ多くなります。それでも、私のほうが恵まれている部分を見つけて残りの人生をより良く生きる糧にできるよう精進してゆくつもりです。

 

 

次の休日は彼岸の時期になるかと思います。両親を偲んで墓参りに行こうかと思っています。

 

 

0 コメント

2017年

9月

13日

九月の月見

このところ、ようやく秋の気配が感じられるようになりました。「お月見」や「美味しいお料理」の話題で季節の移り変わりを愛でるのも一興かと思いますが、4月にスタートした今年度も、今月で半期を終えます。そこで、この半年間の弊社の業績を振返ってみたいと思います。

 

現在、弊社の収益の主力は、80部屋余りの所有物件が生み出す家賃収入です。お陰様で常に満室に近い状況で、たまに空室になっても1か月以内に次の入居者が決まります。そして、滞納者も極めて稀で、ほとんど計画どおりに収益が見込めます。そういった意味で弊社は安定性に優れた事業を展開しています。

 

このビジネススタイルには、売上においての上限があって、それ以上努力しても限界値を超えられません。どのようなケースが上限かというと、周囲の家賃相場の範囲内でも最高の家賃で稼働率100%、滞納率0%が実現できたとき、もうこれ以上、収入を期待しても不可能です。弊社の状況は現在のところ、この状況に限りなく近づいていると自負しています。

 

そして、更なる事業の拡大を実現させるには、保有する部屋の数を増やさなければなりません。そこで、交通の利便性や周囲の住環境など立地に関わること、建物のグレードや管理の状態などにおいて優れているマンションを取得することを目指してきましたが、今期がスタートする直前の3月に3部屋のマンションを手に入れただけで半期が過ぎようとしています。その理由は、ここ数年の不動産の高騰が挙げられます。また、この傾向は優良物件であるほど顕著であることを付け加えておきます。

 

以前に何度も不動産価格が社会情勢や景気動向、金融政策によって上下することを申し上げてきました。そういった見方から考慮して、今は、恐らく取得に適さない時期ではないかと思っています。だからと言って事業拡大のペースが停滞することは好ましくありません。

 

そこで、この状況を打開するため、この半期に注力してきたことをお話しさせていただきます。まず、一つ目は、弊社以外のオーナーが所有されているお部屋の賃貸管理をお引き受けすることにより手数料をいただくことです。2つ目は弊社以外のオーナーがお部屋を売却するお手伝い(仲介)することにより手数料をいただきます。3つ目は弊社以外のオーナーのお部屋のリフォーム工事を請け負うことです。このリフォーム工事は少なからず、賃貸管理と売却の仲介と連動します。つまり、リフォームして貸す、リフォームして売るケースが多くみられます。

 

 

この半期において、これら3つの売上が計上できました。金額にすれば、まだわずかではありますが、それでも小さな芽吹きを感じています。この芽を今後どのように育ててゆくかを考えつつ眺める月も楽しいものです。

 

 

0 コメント

2017年

9月

05日

DCF法

 弊社の社名にも使われているバリュアブルというのは英語で「価値」を意味する valueから派生した言葉です。そこで、その価値とやらを客観的に測定するためにDCF法というもが使われることがあるというお話しです。

 

DCF discounted cash flow の略です。ある資産の現在の価格に比べて実際はどの位の価値があるかを計算する方法です。このように言ってしまうと何か違和感があるかもしれません。1000万円で売っている商品は1000万円の価値であって改めて計算するまでもないと思われるかもしれません。

 

しかし、1000万円の不動産を取得した場合に仮に1年200万円の家賃収入が見込めるとすると、1000万円のお金をそのまま持っているよりも価値がありそうな気がしてきます。それは、将来という不確定な要素を含んだ期間における収入に対しての期待であると言い換えることもできます。この不確定な部分を如何に正確に予想して、現実に起こることに近づけるか、という問題が残りますが、それさえクリアできれば、あとは数学的な処理で将来(未来永劫というよりは、ある決められた期間)に対する期待を含んだ現在価値が客観的に計算できます。この計算方法をDCF法と呼びます。

 

事例として、不動産の価格と家賃収入についてお話させていただきましたが、他にも会社のMAのときの株価算定など活用範囲はいろいろなところにあると思われます。その計算式は、Σや∫(積分)を含む場合もありますが、ここで、それを解説するつもりはありません。ただ、計算結果に対する信頼性は、前述のとおり、不確定な要素の予想が重要であって、そのための情報収集や経験による見識が必要であることを強調したいと思います。

 

 

 

0 コメント