カテゴリ:2015年8月


26日 8月 2015
弊社は今年6月1日をもって社名を変更しました。その過程であれや、これやと真剣に考えさせられることが多く、これから弊社が何を目指そうとしているかを自覚するための契機となりました。20年前に旧社名を決めるときよりもエネルギーを使ったかもしれません。...
25日 8月 2015
前回に続き買い替えのお話しです。 今まで住んでいた家の売却はなるべく高値で、これから住もうとしている家の購入は出来る限り安値で取引したいと願うのが普通です。 それでは、どうすればそんなことが実現できるのでしょうか?...
24日 8月 2015
一般論で申し上げます。当てはまらないケースもあろうかと思いますが、ご容赦願います。 若くして初めて住宅を買う人は住宅ローンを目一杯使って、あとは頑張って働いて、頑張って節約して、子育てしながら自分自身も成長していくといったシナリオが頭に浮かびます。 今回は持っているお住まいをバージョンアップするために買い替えるときのお話です。...
21日 8月 2015
新しく住まいを購入する理由は人それぞれです。ある人は結婚を機に親御さんの元から独立し自由と引き換えにゆとりを失い、また、ある人は転勤で初めて暮らす土地柄に不安と期待が交錯したり、といった具合で、ここで事例を挙げたら時間がいくらあっても足りないですね!それでも多くの人はこれからの幸せな生活を夢見て新居を探すのだろうと思います。「幸せって何だろう⤴幸せって何だろう⤵」「○○がある家さ」 とりあえず家相占い等は専門外ということで話題から外します。何を幸せと感じるかも人によって異なるようです。それでも、より多くの人が幸せと感じる条件、たとえば交通機関においての利便性、周囲の環境の安全性や安らぎ、建物の構造や各種設備などが整っていれば多くの人がそこに価値を見出し。結果として価格が決まるんですよね。 前置きが長くなりましたが、それでは高額なお住まいが必ず幸せを連れてくるのでしょうか??? 可能性というか確率的なことを言えば答えは“Yes”かもしれません。でも、必要以上に高額な住まいを取得したばかりに借金まみれになり、求めきた「幸せ」とは正反対に奈落の底に引き込まれるケースだって沢山みてきました。また、あるエリアは公共交通機関から離れていて、あまり人気がないお住まいでも、年老いた親御さんが近くにいて、お見舞いに訪ねるには大変便利だったり、もし、その方は自動車が大好きで、どこへ行くのも自分で運転していくようであれば尚更のことです。 タケイチバリュアブル不動産株式会社は物件の価格のみでマンションの価値を判断してきた過去から脱皮したいと考え今後、様々なことを試みていきたいと思います。住を通して、一人一人に最適な価値が提供でき、多くの人の幸せに関われることに挑戦してゆきたいと思います。
07日 8月 2015
若い頃に先輩から教えていだいた事、研修等で身に着けた事はいろいろありますが、その中のひとつに「お客様の潜在ニーズを顕在化して差し上げる」という営業スタイルがありました。今回はそのことについて本音を漏らしましょう。...
04日 8月 2015
江戸時代の俳人、松尾芭蕉はご存知「奥の細道」を旅するにあたって千住を出発地と記しています。東京メトロ日比谷線に乗ると南千住駅があり、隣の駅が北千住です。千住に南と北があっても不思議はないのですが、南の千住は荒川区で北の千住は足立区で、その間に隅田川が蛇行して流れています。...