2020年

6月

05日

賃貸住宅のメリット

「持ち家派」「賃貸派」という議論が以前からあります。どちらが正しいかは好みの問題ですから、答えは人それぞれです。ただ、我々は賃貸業を営んでいる以上、「賃貸派」に軍配が上がるようにしたいとは思います。それには何が必要だろうかといつも自問自答していますが、その一つの答えが「サービス」だと思います。持ち家の場合はすべて自分で管理しないといけませんが、賃貸の場合は管理会社がいます。不具合があれば一声かけることができます。

 

最近でも、「水栓の調子が悪い」、「エアコンが壊れた」という設備系のお話しから、「猫の糞尿が酷い」という設備以外のご相談系までいろいろとご相談を賜ります。「持ち家」の場合はすべて自分で対処しないといけませんが、「賃貸」であれば管理会社に連絡していただいて対処してもらうことができます。先日いただいた猫の糞尿相談については、猫を寄せ付けない超音波撃退器を3台セットさせていただきました。

 

なかなかすべてのご要望にお応えするわけにはいきませんが、それでも住宅に関する「困った」には対応させていただきます。今後も住宅内設備についてのサービス等、新しいサービス展開も考えていく予定です。

「タケイチの賃貸なら持ち家よりいい」

こう言っていただけるように努力していきたいと思います。 

 

 

 

 

(H)

0 コメント

2020年

5月

22日

管理人さん

マンションにはたいてい管理人さんがいます。規模にもよりますが、大きなマンションでは常駐していますし、小さいところでは巡回という形で対応しているところもあります。この管理人さんですが、やはり日々住んでいる人と接触していますので、よくご存じです。〇号室の方はこうですとか。管理組合の理事をしている関係で、定期的に様子を見に行きますが、その際、管理人さんには必ず話を伺うようにしています。

 

たとえば駐輪場の管理にはよく気をつけています。入居者には必ず届出をお願いしていますが、何度お願いしても登録してくれない人がいます。未登録の自転車に登録を呼びかける貼り紙をしても無視されてしまいます。持ち主は誰だろうと思いますが、管理人さんに聞くと〇号室の方ですと教えてくれたりします。管理人さんならではと言えます。

 

ただ、エレベーター内に痰を吐いたり、ゴミ出しのルールを守らなかったりというのはなかなか特定できません。共用廊下にある電源コンセントを勝手に使ったりという人もいます。携帯電話の充電に使ったらしいと聞きますが、なぜ部屋でやらないのかと疑問に思います。これは立派な盗電です。どういう神経をしているのかと疑いたくなりますが、世の中いろいろな人がいます。

 

宅配ロッカーに荷物が配達されても何日も取り出さない人もいます。これは特定できるので、手紙を入れて知らせますが、もう一か月以上取り出さない人もいます。こうしたささいな問題でも積もり積もればかなりのものになります。清掃をしながらこうした問題に対応するのも管理人さんの仕事になりますが、なかなか大変だと思います。最近では管理人さんのなり手が少なくて苦労するとも聞いていますが、マンション管理には欠かせない存在であり、なるべく長く勤めていただきたいと思います。    

(H)

続きを読む 0 コメント

2020年

4月

24日

ルームクリーニング

弊社は賃貸管理業を営んでいますが、その内容は募集から入居時の管理、そして退去まですべて一貫して自社で行っています。その業務の一つに、退去後のルームクリーニングがあります。それなりに何年間が住まわれていた後となれば、日頃きれい好きで掃除をマメにやられていたとしても、やはり一定以上の汚れはあります。「落とせる汚れ」と「落とせない汚れ」を見極め、落とせない場合は交換することになります。

 

自社でやると言っても、クリーニング専門業者ではありませんので、専門業者から比べると弱い部分があります。それは「時間」で、どうしても汚れが酷いと時間がかかってしまいます。時に一室で丸一日、または二日間かかってしまうこともあり、とてもクリーニングを商売としてできるレベルではありません。ただ、「落とす」部分ではそれなりのレベルにはあると自負しています。

 

時間がかかっても酷い汚れがきれいになれば気持ちの良いもので、一仕事終えたあとには充実感が残ります。この部屋を見に来た方が果たして気に入っていただけるのかと気になってしまいます。それゆえに、申込みが入ると喜びがひとしおです。ルームクリーニングが商売になるとは思いませんが、弊社の持ち味の1つとしてこれからも腕を磨いていきたいと思います。 

 

 

(H)

続きを読む 0 コメント

2020年

4月

10日

コロナ支援対策

 とうとう緊急事態宣言まで出されるに至ったコロナウィルス騒動ですが、テレワーク等の在宅勤務が進んでいることや、臨時休業等で街は閑散としています。弊社も少ない人数の中、一部で在宅勤務をスタートさせました。賃貸管理業では、設備不具合等は時を選んでくれませんし、実際室内での漏水事故も発生しています。なかなか休業とまではいかないところです。

 

 一方で、各省庁による支援策も次々と発表されています。弊社の位置する地元蒲田周辺も飲食店は臨時休業や開店していても店内は閑散としていたり、商売をやっているところは厳しい状況だと思います。そのあおりでパート、アルバイトの方は自宅待機となって減給になったりという話も聞いていますし、そうした方にとっては、役に立つ支援策もあるかもしれません。

 

そうした支援策を一般社団法人ハトマーク支援機構がWEBサイトでまとめていますのでご紹介いたします。

≪各省庁支援策≫

 

弊社のお客様でも新規に開店しようとしていた矢先に今回の騒動が発生し、開店を見合わせている方がいらっしゃいます。大家さんのご厚意で家賃免除となったところもありますが、それを受けた大家さんも厳しいところです。

 

一刻も早い事態の収拾が望まれるところです・・・

 

 

 

 

 

(H)

0 コメント