2019年

5月

13日

自作自演の株主総会

 今年のGWは今までにない10連休、しかも連休中に元号が平成から令和に代わるといった、滅多に遭遇しないことが重なって、これらに因んだ報道が盛んにメディアを賑わしてきました。ここにきて、ようやく落ち着いてきて正常なモードになってきたように感じます。

 

弊社においても57日㈫から営業を再開して1週間が過ぎました。世間同様、連休モードから通常モードに切り替わり、本日(513日)は午後3時から株主総会を予定しております。(皆さんにお読みいただくときは終了しているものと思います)

 

 弊社の株主は現在のところ、私ただ一人です。それなのに、わざわざ株主総会などと大げさに騒がなくてもよいのではないか?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。株主総会は会社組織の中での最高意思決定機関であり、株主の総意が会社の全てを決めると言っても過言ではないでしょう。その株主が私一人ということは、結果として私が全てを決めることになります。しかし、私は弊社を好き勝手に自由にするために100%の株式を所有しているわけではありません。今後、弊社を出資するに足りる企業であると認めていただけるようであれば、喜んで株式を引き受けていただくつもりでおります。

 

 

 そのための事務処理を簡素にするには、一旦株主を私一人としたほうが宜しかろうとの考えからであって、その後、自信を持って出資をお願いできる状況にないままで現在に至っているだけです。だから、大勢の方々から出資していただけることを目指して、その日のためにもきちんと株主総会を開くことで、本来あるべき会社の在り方を忘れないようにしています。自作自演で観衆も自分一人という滑稽なステージですが、生真面目に演じることで意気込みを未来につなげてゆくつもりでおります。

 

 

0 コメント