2020年

2月

18日

頭の体操

 不動産の価格には実際に取引される価格の他に役所で決めた価格があります。具体的には固定資産税評価額、公示価格、路線価格の三つです。これらは異なる役所の管轄であり、価額も一致しませんが互いを目安として影響し合って価額を決めていると思います。それでは実際に取引される価格はどのようにして決まるのでしょうか。不動産は工業製品と違って一つ一つが異なり、厳密には同じ物件は存在しません。ただし、同じマンションの同じ間取りの部屋など、わずかな条件の違いを除いてほとんど同じであって、その条件の差異を価格の差異に合理的に反映させることで売り手と買い手の双方が納得するという場面はあり得ることです。

 

 ここで大切なのは、「売り手と買い手の双方が納得する」ということであって、それまでの過程において前述の役所の価格が参考に使われることはあっても、それらに制約されるものではありません。むしろ、実際の取引価格の変動を反映して役所の価格が決まるのです。それでは「売り手と買い手の双方が納得する」という状況が成立するための要件について考察してみましょう。

 

 まず、売り手の立場から考えてみると、当該物件を保有しておく必要性が希薄になってきたか、もしくは(かつ)手放すことに経済的合理性を見出したときです。経済的合理性とは、物件を必要としていても他の理由でやむを得ず売却代金を充当せざるを得ない場合もあれば、経済的により有利な資金需要が発生して、そちらに積極的に資金を移動する場合などが想定されます。

 

 次に、買い手の立場を考えると、物件を取得する必要性が高まってくること、かつ取得するためのコスト(売買代金および諸経費)の調達(自己資金、融資)が可能であるといった経済的要件を満たすこと。ここでいう取得する必要性とは、生活スタイルの変化で広い家に買い替える場合もあれば、余剰資金を活用して資産を増やす場合なども想定しています。

 

 

 こうしてみると、売り手も買い手も経済的な要件は個々人の問題ですが、物件の必要性についてはどちらの立場からみても共通な要件です。そう考えると、誰からも必要と感じられる物件ほど取引の成立のための重要な要件であり、価格も上昇するといった当たり前の結論がでてきます。ちょっとした頭の体操でした。

 

 

 

0 コメント

2020年

2月

12日

日常の中の意外な発見

 つい最近まで新年のご挨拶をしていたような気がしますが、いつのまにか陽射しに温もりを感じるようになってきました。暖かい日が数日続いたと思えば、また寒さがぶり返すといった、いわゆる三寒四温の季節です。このように書き出すと「三寒四温」について…

と思いきや、さにあらず。冬の間、何度か袖を通したセーターをクリーニングにだそうか、どうしようかと悩んでいることから始まります。

 

 セーターって何?と問われても、あまりに身近な着衣なので質問自体に違和感を覚える代物です。それなのにセーターって何でセーターって呼ぶの?との質問に対して、子供の頃の私は全く無関心でセーターは最初からセーターでした。それが、中学生になった、ある日、セーターの語源が “ sweat ”つまり、「汗」であることを知って、ほんの少し感激したのを覚えています。

 

 似たような経験があります。フーチングという建築用語があります。塀など建造物が倒れないように支える柱などは地中に下端が数十センチ埋められていますが、掘り返してみると、その先端は荷重のかかる方向に90度曲がっていることがわかります。これを「フーチング」というのですが、語源は英語の “ foot “ つまり足です。その他にも自宅、オフィスなど、どこでも見られるサッシのスライドドアに付いていて外から開かないように内側から固定する半円の金具、これをクレッセントと呼びます。つまり三日月ですよね。

 

 

 普段、英語とは思わず、当たり前のように使っている言葉が、実は英語が語源だったなんて気付いたときや、クレッセントのように英語の意味がわかれば、思わず「なるほど」と頷いてしまうとき、ほんのちょっぴり世の中が広がったような気分になる無邪気な私でした。

 

 

 

0 コメント

2020年

2月

03日

人類とお酒

 22日㈰午後9時、この頃の私はこの時間になると瞼が重くなり、うとうとと眠ってしまうことが多くなりました。そんな時間帯に熱心にテレビ番組に見入ってしまいました。そのテーマは「お酒」です。その内容をサラッと説明すると、人類の祖先が樹上生活をしていた頃、いつも豊富な食糧に恵まれていたわけではなく、ときには普段は口にしない自然発酵した果実を食べることもあったということです。そんなとき、生まれつきアルコールを分解する酵素が多い体質の個体は酔っぱらうことがなく外敵に対応できますが、その逆の場合は生き残れなかったということのようです。かくして太古の人類は皆、お酒に強い体質だったとのことです。

 

 やがて人類が進化して文明を築くようになると酒の効用で脳内にドーパミンという快楽をもたらす物質を過剰に分泌することを覚え、良くも悪くも生活に欠かせない飲み物となったということは周知の事実です。また、ビールのような地酒を主食としている部落を紹介していました。この人たちは生まれつき体内にアルコールを分解する酵素が大量に存在していて、大量の飲酒による弊害が起こらない仕組みになっているそうです。(羨ましい)

 

一方、私たち日本人を含む東アジアにおいては一部の人にアルコールを体内で分解しきれず、すぐに酔っぱらったり、二日酔いに苦しむ人たちが見受けられます。こういった現象は欧米やアフリカなど他の地域では見られないことです。これには諸説ありますが、番組で紹介されたのは、稲作が盛んな地域に限って、このような現象が見られる。その理由として、アルコールが完全に分解される前の中間物質として生成されるアセトアルデヒドの働きが挙げられます。それは、人体にとって毒性の強い物質ではありますが、稲作に適した湿地に暮らすものにとっては別の意味で人体に悪影響を及ぼす微生物に対して薬の役割を果たしたとのことです。毒を以て毒を制す。

 

そして、これからの人類とお酒の関係について予見しています。お酒を経験したことのある脳は、その味や匂いが同じであれば、アルコールが含まれていなくても飲酒と同じリラックス効果などが認められるということがわかってきました。ビールをはじめとするノンアルコール飲料は、まさしくお酒の利点のみを引き出す理想のお酒になり得るというお話しでした。

 

 

私も若い頃はお酒で失敗しました。それだけに、この話題は非常に興味深く、ここに取り上げた次第です。皆さんにとってお酒とは???

 

 

 

0 コメント