2020年

3月

24日

コロナと家賃

 今回も新型コロナウィルスに関連する話題になってしまいました。2か月前にはこのように大きな影響がでるとは思わなかったというのが正直な気持ちです。大流行を防ぐために多くのイベントが中止または延期になっています。人の移動も物の輸送も滞っています。そして金銭の流通も活性化せず、このままだと人々のマインドは冷え込んでゆき、景気は落ち込んでいくのでしょうか?

 

 身近な事柄から振返ってみると、弊社の主力事業である家賃収入は今のところ影響はありません。しかし、「今のところ」と前置きしたとおり、今後この状況が長引けば家賃滞納者が増えたり、退去後の募集の際、家賃相場が下落したり、あるいは値下げした家賃でも入居者が決まらずに空室が増えたりといった負の影響がでてくるのではないかといった懸念を持ちます。もっとも、すぐには(数か月では)このような事態にならないでしょう。そう言った意味で弊社の事業は景気の動向に鈍感であると言えます。

 

 イベントの中止、延期はいよいよ世紀の大事業ともいえるオリンピック・パラリンピック開催の是非にまで及んできました。未だ結論は出ていませんが先行き不透明な中、徐々に中止、延期に傾いているように感じます。そうなったとき、社会全体では大変大きな影響が出ることは容易に予想できます。しかし、弊社の事業は何度も申し上げる通り家賃収入が主力なので、売買とは異なり急激な変化はないような気がします。

 

 

 そうはいっても世の中は予想通りにいくとは限りませんし、不景気が長引けば負の連鎖が起こり、弊社にもそれが降りかかってくるでしょう。感染した方々、特に重症患者の回復は勿論のこと、一日も早い収束を願っています。

 

 

 

0 コメント

2020年

3月

17日

なごり雪

 先週の土曜日、東京に雪が降りました。私たちの年代には「なごり雪」という懐かしい曲が思い浮かびます。そもそも、なごり雪の意味は「春になっても消えずに残っている雪」と「春になってから降る雪」と二つの意味があるようです。東京に降る場合は明らかに後者ですね。それは見慣れた街を幻想的な風景に変えてしまいます。それが淡く儚い恋のイメージと重なって名曲が生まれたのでしょう。

 

 今年は桜の開花宣言があった日になごり雪が降りました。雪だ、花だと言っているのは呑気でいいのですが、あまりに寒暖の差が激しかったり、例年と時期が外れるなど、天候不順が続くと自然災害が心配になります。そういえば、昨年は台風の豪雨により日本各地が甚大な被害に遭いました。そして、現在は新型コロナウィルスによる感染被害に世界中が騒然としていますが、これも、ある種の自然災害でしょう。ウィルスも、なごり雪のように早く消えてもらいたいものですが、なかなか、そうはいきません。既に様々な影響がでていることが報道されています。

 

 ウイルスは、他の自然災害と同じく人の命を奪ってゆきます。命の尊さを考えると、その数だけで災害の程度を測ることはできませんが、今回のウィルスは感染しても発病しなかったり、軽度で回復する人も多いと聞いています。暴風雨や山火事、津波などは、一度に多くの人々の命を奪うと同時に家屋が倒壊、焼失するなど事後の復興が課題になります。ウィルスの場合、感染するという特性から、一つの地域に留まらず世界中に拡大してゆきます。また、感染防止のため、人々の生活が制限され、それが長引くと人々の経済活動が滞ります。

 

そういった意味でも厄介な災害といえるかもしれませんね。

 

 

 

0 コメント

2020年

3月

03日

悲しい別れを乗り越えて

 昨日は冷たい雨が降っていました。家を出るとき、いつもの黒い傘をさして式場へと歩き出しました。普段から使い慣れた傘なのに、黒いネクタイに黒いスーツを身に着けた、その日の自分の気持ちが染み出して傘を黒く染めたかのようでした。身近な人の死は、あまりに突然にやってきました。私にはできないことを難なくこなし、私の知らないことを教えてくれる人でした。暗い雲は晴れません。

 

 私が小学生の頃です。祖父母の故郷である山形から8歳年上の親戚のお兄さんがやってきました。父の会社で働くために上京してきたのですが、陽気な性格で誰とでも仲良くなる、その人は私たち家族にも、すぐに打ち解けました。やがて結婚して最愛の家族と仲睦まじく暮らしていました。私がタケイチを始めてからは、いつもそばにいて助けてくれました。

 

この度は、私にとっても悲しい出来事でしたが、ご家族にとっては、もっともっと深い悲しみだろうと思います。慎んでお悔やみ申し上げます。

 

昨日の雨は止んで今日はいい天気です。きっと、悲しい別れを乗り越えて行きます。

 

 

 

0 コメント