転ばぬ先の杖

最近、日本の各地で地震や火山の噴火が起こっています。「起こる」と「怒る」は同じ音ですね。誰かが何かに怒って地震が起こった、なんてオヤジギャグで肩の力を抜いて、実はマンションの地震対策について真面目に考えてみました。

まずは建物の構造に注目すると、「免震」とか「耐震」とか「制震」なんて表示があります。どれも地震に備えた構造だとは思っていましたが、それぞれ、どういうもので、どこが違うのかを極々簡単に調べてみました。

建物の強度を増して地震に対抗しようとするのが「耐震」であって、これに対して「免震」は地震の揺れを建物に直接伝えないように、基礎と上部構造の間にアイソレーターという免震ゴムを配置するそうです。「制震」は建物の揺れを小さくするという意味で「免震」に考え方が似ていますが、その方法としてダンパーという部材を建物の内部に配置するそうです。

どの方法が最適か?については建物の規模や条件によるので軽々しく断定することはしませんが、転ばぬ先の杖。怒(起)らないかもしれないけど用心に越したことはありません。