目蒲線と池上線

私にとって故郷といえる街は幸い大きな災害にも遭わずに子供のころと景色は変わらないと思いきや、やはり、この年齢になるといろいろと変化が見られます。その中でも鉄道の延線や路線変更、それに伴い乗り換える駅が変わったりする、といったことが実生活に一番大きく影響するところでしょうか?

そこで今回は一番馴染み深い「池上線」と「目蒲線」について少しつぶやくことに!

昔、目蒲線という電車が蒲田と目黒の間を走っていました。今では途中の駅「多摩川」で目黒線と多摩川線に分断されています。この「多摩川」という駅も以前は「多摩川園」という駅名でした。そして、蒲田駅では目蒲線(今では多摩川線)と仲良く並んで池上線の車両が停車している風景は今も変わりませんが、どちらも、あの全身が緑色の車両ではなく涼しげな銀色に緑色のラインが入ったものに変わっています。だから何?昔の車両は冷房設備がなかった。これら兄弟のように見えるふたつの路線もその歴史を調べてみると、目蒲線は目黒から沼部までが開通し、それから伸びてきて蒲田に辿り着いたようです。一方、池上線は池上本門寺の参拝客のため蒲田から池上までが開通し、それから五反田まで伸ばしたそうです。開業当時は運営する会社も違っていたようです。