似ている地名

江戸時代の俳人、松尾芭蕉はご存知「奥の細道」を旅するにあたって千住を出発地と記しています。東京メトロ日比谷線に乗ると南千住駅があり、隣の駅が北千住です。千住に南と北があっても不思議はないのですが、南の千住は荒川区で北の千住は足立区で、その間に隅田川が蛇行して流れています。

東京都大田区を走る東急多摩川線に下丸子という駅があります。この小さな駅の側には経団連の“お偉いさん”を輩出するほどの大企業があって朝夕通勤で混雑します。一方、この駅から3駅、北上して終点の多摩川で東横線に乗り換えて横浜方面に1駅行くと新丸子という駅があります。ここは川崎市であり、これら2地点の間にも東京都と神奈川県を分ける多摩川が流れてます。

詳しく調べたわけではありませんが、かつては同じ集落だった地域が台風など大雨が降って川の流れが変わってしまったために分断されたと想像することは難しくありません。

もう一つお付き合いください。品川区の大井町駅の側に「仙台坂」という地名があり、その由来は、やはり、そうです。独眼竜の異名で知られる伊達政宗を藩祖とする仙台藩の下屋敷があったそうです。下屋敷があるなら上屋敷もあったのでは?と調べてみると見つけました。港区麻布十番の近くに仙台坂の名を!こちらは川との係わりはないようです。