仲介手数料について

不動産を売買、または賃貸の仲介を依頼する時は、不動産屋さんに「仲介手数料」を支払います。

この仲介手数料は、

たとえば売買であれば、

400万円以上の場合:売買金額×3%+60,000円(消費税別)

賃貸であれば、

月額家賃1か月分まで(消費税別)

という具合に法律で決まっています。

 

しかし、仲介を依頼しない場合、つまり「売主から直接購入する(あるいは貸主から直接賃借する)」場合は、当然この手数料がかかりません。

「当ホームページよりお申込みの場合、仲介手数料は不要です」としているのは、このためです。

直接お申込みいただいた場合は、仲介手数料が不要なだけではなく、担当者の顔を知っていただくことにより、(賃貸の場合は)入居後の不具合等に際しても安心してご相談いただけると思います。

 

では仲介業者に依頼しないとどうなるのでしょう。

直接取引だと何かデメリットはあるのでしょうか。

一つには大手の仲介業者に依頼すれば、「なんとなく安心」ということがあるでしょう。

我々も免許を受けた宅建業者なのでずか、「なんとなく安心」を求める方には、仲介手数料は「安心料」と言えます。

 

もう一つのデメリットは「取り扱っている不動産の種類が少ない」ということがあります。

弊社が直接販売・賃貸できる物件は限られています。

気に入っていただければよし、そうでなければやっぱり仲介業者にお願いして探してもらわないといけません。

 

もっとも、弊社も宅建業の免許を受けていますから仲介の取り扱いも可能です。

ただその場合は、「仲介手数料がかかります」ことをご了承いただかないといけませんが・・・

 

(H)