分譲マンションと賃貸マンション

「賃貸派」と「持家派」という議論があります。

どちらが良いかということは、個人の価値観によりますので、ここではそれを問いません。

「私は賃貸派」という方か、それとも「当面賃貸派」という方に向けてのお話です。

 

マンションを建てる方にも「賃貸」と「持家」があります。

「持家」とはすなわち、「持家派の方に売る」という意味で、一般的には「分譲」です。

マンションを建てる場合、その目的が「賃貸」なのか「分譲」なのか。

同じようでいて、実は異なります。

建物自体は、法規制などがありますので違いありませんが、大きく異なるのは「内装」です。

 

「賃貸目的」の場合、オーナーにとって重要なのは「投資採算」です。

「いかに効率よく収益(家賃)を稼ぐか」です。

そのため、建設コストもできるだけ抑えようとする意向があります。

同じ収入なら、建設コストが安い方がいいわけです。

建物については、抑えようがありませんが、内装は安い機器を使えばコストは押さえられます。

 

この点、「分譲目的」の場合は、なるべく豪華に見せて売ろうという意向が働きます。

したがって、内装もそれなりにお金をかけます。

貧素なキッチンやバスルームでは、世の奥様の購入意欲を削いでしまうでしょう。

必然的に、分譲マンションの方が内装設備は「良いもの」を設置するのです。

 

ところで借りる方からすれば、建設コストは関係ありません。

どうせ借りるのなら、良い方を選びたいと思う事でしょう。

となれば、オーナーが賃貸目的で建てて入居者を募集しているマンションより、分譲マンションを購入して(自分で住まずに)賃貸に回している方が、より良い設備機器を利用できるということになります。

「借りるなら分譲マンション」がお得なのです。

 

弊社は、分譲マンションを多数取得し、賃貸にご利用いただいております。

分譲マンションならではの住み心地を賃貸でご利用いただけます。

どこで借りるかをお考えの際には、是非候補に入れていただければと思います・・・

 

(H)