片手と両手

不動産業界では、よく「片手」「両手」という言葉が飛び交います。

これは手数料を表す業界用語です。

不動産の売買を仲介する場合、仲介業者は売買が成立すると売主または買主から仲介手数料をもらいます。

その手数料の売買金額は、400万円以上の場合、「売買金額×3+6万円(税別)」です。

 

通常、「この不動産を売ってほしい」と売主から依頼を受ければ売主から、「不動産を買いたい」という買主からの依頼を受ければ買主から、それぞれ手数料をもらいます。

この時、双方の依頼を結びつけると、その仲介業者は売主・買主それぞれから規定の手数料をもらえることになります。

もうおわかりかもしれませんが、「片方のみの依頼主から手数料をもらう場合」を「片手」、「売主・買主両方から手数料をもらう場合」を「両手」というのです。

 

どうせ仲介するなら、「一粒で二度おいしい」「両手取引」をしたいと思うのが、人情というもの。

仲介業者であれば、当然「両手」を目指します。

目指すのは構わないのですが、そこが魑魅魍魎うごめく不動産業界、利用者の方もよく気をつけないといけません。

 

というのも、「両手」を目指すあまり、中にはせっかくの売買の機会を潰してしまう例もあるようです。

つまり、自分が売主の仲介依頼を受けている場合に、よその業者がその物件に興味を持ったお客さんを連れてきても、「もう契約予定です」などと言って断ってしまうのです。

自分で買主を見つければ、「両手」ですが、他の業者が買主を見つけた場合は「片手」になってしまうからです。

 

売主からすれば、すぐに買い手が見つかった方がいいわけですから、これはとんでもないことです。

宅建業法では、不動産会社1社のみに仲介を依頼する「専任媒介契約」を締結した場合、必ず業者間情報ネットワーク(通称レインズ)に登録することを義務付けていますが、これは「両手」を狙った「情報隠し」を防ぐ目的もあるでしょう。

 

逆に買い希望者に対しては、「自社で取り扱っている売り希望物件」を優先的に紹介するなどがあります。

親身に相談に乗りつつも、「他の業者が取り扱っている物件」を紹介せずに、「自社取り扱い物件」を「良いものですよ」と紹介される可能性も考慮しないといけません。

もちろん、中には「片手」「両手」など自分の都合など脇に置いておいて、本当に良いと思うものを勧めてくれる良心的な業者さんもいるでしょうし、「両手」物件であってもそれが本当にその方に合ったいいものであればまったく問題ありません。

 

ただ、大抵の人はそんな事情もわからないのが実情でしょう。

やはり面倒がらずに、「複数の業者さん」に声をかけるというのが無難でしょう。

なお、心から信頼できる仲介業者さんがいるという方については、この限りでないことは言うまでもありません・・・

 

(H)