小さい秋

今朝は気温も下がり、急に秋らしくなってきました。

「誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが 見つけた」で始まる歌は皆さんの多くがご存知かと思います。その歌詞に「お部屋は北向き くもりの硝子」という部分があります。また、「わずかな隙から秋の風」とも歌っています。子供の頃ですから当然、不動産業とは縁のなかった頃でも、この言葉から悲しいというのではなく、むしろ「うら寂しい」といった感情が湧いてきました。そこには標準的日本人なら誰でも感じるであろう共通認識がたくさん存在していたのでしょう。

 

2015年秋、「小さい秋」で歌われたようなお部屋を見つけるには苦労するかもしれません。少なくとも弊社がご用意するお部屋に隙間風はありません。そして、かつて大ヒットした映画「Back to the future」で描かれた近未来が、今年の秋だそうです。

 

私たちは現在を生きているようで、過去から見た未来を生きているのかもしれません。