ネット社会へ

インターネットの登場は、社会のあり方をあちこちで変えていますが、我が不動産業界も例外ではありません。

近年、「ネットでお部屋探し」が一般的になってきています。

この傾向は、「売買」よりも「賃貸」の方がはっきりしているようです。

(たぶん「賃貸」の方がリスクも少なく、気軽に利用できるからでしょう)

 

一昔前は、不動産を探そうとしたら、まず不動産会社を(おっかなびっくり)訪問し、こちらの希望を伝えた上でいくつか物件を紹介してもらうというパターンでした。

紹介してもらう物件が選択肢のすべてであり、近所を歩いていて見つけたという以外には、不動産会社頼みの状況だったのです。

それが今や、スーモやアットホームなどの検索サイトの充実により、選択肢は選ぶ方に移っています。

 

そんなわけで、賃貸募集する不動産会社は、みなネット掲載に力を入れています。

写真を充実させたり、室内の動画を載せたり。

利用者は、そこで自分の好きな条件に合う物件を検索し、それを借りるために不動産会社の店頭に行く、あるいは直接貸主にコンタクトを取るという流れになってきています。

弊社も賃貸を募集していますので、仲介業者を通じて申し込みを受けるパターンに加え、利用者の方から直接申し込みを受けるケースも増えてきています。

 

賃貸の方は、直接コンタクトを取った方が、経済的にはお得です。

仲介業者を経由すると仲介手数料(賃料の半月分)を取られますが、直接取引であれば取られません。

それは貸主も同様で、仲介会社に支払う仲介手数料や広告費を払う必要がありません。

その分、何かオマケしてくれるかもしれません。

(例えば鍵の交換費用をまけてもらうとか・・・)

 

売買となると、金額も大きくなり、「公平な第3者の意見」を求める意味でも仲介業者を通す意味はあるかもしれません。

(もっとも手数料が欲しくてたまらない仲介業者が「公平な第3者」にあたるかは大いに疑問ですが・・・)

 

これから賃貸物件を探す方は、是非スーモなどのサイトを通じて直接取引するようにしてみたらいかがでしょうか。

弊社のお部屋も、もちろん直接のお申込み歓迎です。

(H)