スマートウェルネス体感パビリオン

先日、すてきナイスグループで運営する「スマートウェルネス体感パビリオン」がオープンしたのを聞きつけ、さっそく訪問してきました。

横浜市の鶴見にある「すてきナイスグループ」本社と道路を挟んで真向かいにあるパビリオンを訪れると、かねてより親しくさせていただいている役員さんがにこやかに出迎えてくれました。

ご挨拶を済ませ、まず最初に別の社員の方の案内でシアタールームに通されました。そこで、かつて社会問題であった交通事故死が近年は減少傾向にあることに比べ、自宅内で心筋梗塞や脳卒中などの循環器の病気で健康を損ねる、また、場合によっては死に至る事態が増加しており、こちらの方が深刻な社会問題であることを知らされました。

 

それから約1時間半にわたって、快適な住空間を実現することで健康を増進することをテーマに、実際に触れて温度を確かめたり、数種類の木の香りでリラックス気分を体感したり、室温の異なる場所で血圧測定してみるといった、まさに「体感パビリオン」の名にふさわしく楽しい、そしてためになるひとときを過ごすことができました。

 

私なりにそこで学んだことを一口で表すと「病は気から」にあやかって「病の予防は空気から」とでも申しましょうか。もう少し具体的に言いますと室内の温度、湿度、浮遊物を如何にコントロールするかということです。

 

パビリオンでひととおり学習したあと、これらの設備、ノウハウを駆使した素晴らしいモデルルームで一休み。ふと、気付くと、快適な空間の中、案内していただいた役員さんと思い出話に夢中になってしまいました。