タワーマンション

 

 

近年、タワーマンションの人気が上がっているようです。

単に「見晴らしがよい」というイメージだけではなく、富裕層にとってみれば、大きな節税のための資産になるからでもあります。

 

ご存じない方のために、ワンポイントレッスンです。

マンションは固定資産税の評価額がどの階でも同じです。しかし、値段は上の階になるほど高くなる傾向があります。そのギャップが節税効果として大きいのです。

 

例えば1億円の現金があって、相続が発生した場合、このままだとこの1億円に税金がかかります。ところがマンションを購入すると、税務上の評価額は必ずしも1億円ではなく、固定資産の評価額で評価されることになります。たとえば、5,000万円のマンションで固定資産税の評価額が3,000万円だと、この資産は3,000万円ということになります。現金を不動産に換えることにより、5,000万円を3,000万円に圧縮できたわけです。

 

さらにこの3,000万円の評価は、1階でも30階でも同じです。ところがこれを買おうとしたら、上の階の方が価格は高くなります。同じ面積でも1階は5,000万円なのに、30階は1億円だったりします。しかし、税務上は1階の部屋も30階の部屋もともに3,000万円なのです。同じ1億円を出すなら、1階の部屋を2部屋買うより30階の部屋を1部屋買った方が、資産の圧縮率が高いのです。相続税を心配するお金持ちは、少しでも資産の評価を下げて相続税を安くしようとしますので、30階の部屋を買い求めるのです。

タワーマンションの人気の理由がおわかりいただけますでしょうか。

 

 私どももタワーマンションを購入しています。しかし、我々は法人ですので、相続対策は考える必要がありません。ではなぜタワーマンションを購入するかと言えば、それはやはり資産価値が高いからです。ただし、資産価値と言っても、それは正確に言えば「提供価値」になります。このブログでも再三ご紹介していますが、充実した設備・施設など「こんなところに住んでみたい」と思わせられるものが、タワーマンションには多々あります。そうした価値を提供することで、より多くの家賃をいただきたいと考えているのです。

 

そうした価値を感じていただけているのか、今のところ弊社所有のタワーマンションのお部屋はほぼ満室です。もしも、ここに住んでみたいというところがありましたら、ご連絡をいただければ空きが出た時にはお知らせいたします。

 お暇な時に覗いてみていただければと思います。

 

👉 こちら

 

(H)