Airbnb

最近、Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが登場し、密かにあちこちに影響を与えています。

Airbnbとは、要は「旅行者に自分の部屋を貸す」サービスですが、うたい文句によれば、「世界190か国34,000以上の都市に部屋があ」り、旅行者などが気軽に利用しているようです。

 

こうした新しいサービスが、既存のサービスと衝突するのはよくあることで、「宿泊業」として厳格なルールを守っているホテル業界などからはクレームが出ているようです。

一方、我々のような賃貸業を営む者からすれば、これは新しい可能性を秘めたものと言えます。

 

例えば東京では、Airbnbを利用(部屋を貸した)場合、1か月の平均賃料は16.6万円らしいですが、これはファミリータイプの部屋の1か月分の賃料と遜色ありません。

空き部屋が埋まらなくて苦しんでいる大家さんからすれば、手間はかかるかもしれませんが、空室を埋める代替手段としては見逃したくないところです。

 

では、同じ大家さんでもある我々もAirbnbに参入するかと、そうすぐには決断できません。というのも、このサービスを提供すると、見知らぬ外国人がひっきりなしに入れ代わり立ち代わり出入りすることになります。

そうした事態に、既に一部のマンションなどでは住人の方から不安の声が上がっています。せっかく見知らぬ他人の出入りを制限すべく、オートロックや防犯カメラでセキュリティを高めているのに、その意味が薄れてしまいます。これは看過しがたい事態ということで、最近マンションの管理規約でこれを禁止する動きが出てきています。

 

私どもも、家賃収入だけを考えるのなら、経済合理性で判断するところですが、「マンションの住民のみなさまと共同歩調をとる」というポリシーから、安易な導入は見送っています。とはいえ、単身者中心のワンルーム・マンションなど、あまり住民の方に迷惑になりそうもないところではこの限りではありません。十分検討の余地はあるかと思います。ケースバイケースでの判断というところになるでしょう。


新しい時代の流れと、そこに住む人たちとの共生。そのことに十分気を配っていきたいと考えています・・・

(H)