耐震博覧会

今年もナイス主催の「耐震博覧会」に行ってきました。

弊社はナイスを中核とする「すてきナイスグループ」と懇意にさせていただいており、この十数年、毎年ご招待いただいています。会場は例年どおりアクセスに便利なお台場の東京ビッグサイトで、誰でも気軽に出掛けられるイベントです。

 

広い会場に所狭しと、設営された様々なブースは、建築資材や住宅設備などの各メーカーの製品がずらりと展示してあって、担当者が親切に説明してくれます。例えば、バス・トイレ・キッチンといった生活に密着した設備においても新製品の実物に触れることができるばかりでなく、メーカー個別のショールームでは不可能なメーカー各社の同等品を比較することもできます。これこそが、このイベントの醍醐味といえるでしょう。また、普段は人の目に触れないけれどもとても大切な役割を果たす建物内部の建築資材や建築工法についても理解を深めることができます。その他にも様々なテーマについてのセミナーが開かれ、専門家の貴重な話を聞くことができます。まさしく「博覧会」というに相応しい規模と充実した内容になっています。

 

そして、「耐震」と名付けられたとおり主催者ナイスの地震対策に対する思いが伝わってきます。会場の中心にかなりのスペースを割いて「耐震ブース」を配しているのもその一つだろうと思います。ナイスが分譲するマンション・注文住宅などは耐震性を非常に重要視している、またナイスが扱う資材においてもその意志が貫かれている、と私は思います。それは、このイベントに限ったことではなく、常日頃よりナイスとの関わりの中で随所に感じていることです。

 

さて、私にとって、このイベントにはもう一つの楽しみがあります。それは、20歳代に一緒に働いた先輩、同僚、後輩と久々に顔を合わせることです。そこで、ご挨拶を終えるとすぐに、お世話になったこと、ともに苦労したことなど思い出話が飛び出します。今となってはどれも懐かしい思い出ばかりで、その当時、如何に充実した会社生活を送っていたかに思いが至り、改めて感謝する次第です。

 

 

「耐震博覧会」は毎年、金土日で開催されると聞いています。土日は地震対策に関心のある一般の方々にもゲートを開けているそうです。ご興味のある方は、是非次の機会に足を運ばれてはいかがでしょうか。