敷金・礼金

不動産を借りる場合、毎月の家賃の他に敷金、礼金がかかるのが一般的です。

その他に、入居時に火災保険料や鍵交換料などがかかります。引越の費用もあるでしょうし、やはり住むところを借りるとなると、ちょっとした出費は免れません。

 

この敷金、礼金ですが、敷金は大家さんが退去までお預かりするもので、退去時には『原状回復費』を差し引いた上で返していただけますが、礼金は戻ってきません。

礼金はまるまる大家さんの収入ですが、大家さんもお客さんを紹介してくれた仲介業者に手数料を支払わないといけないので、通常この礼金を充てます。

 

仲介手数料も、法律では「家賃の一か月分」と決まっていて、仲介業者は貸し手と借り手の双方から半分ずつもらいます。ですが、「広告料」と称して家賃の半月分を大家さんからもらうケースもあり、この場合、結果的に礼金は大家さんの手元には残りません(T_T)

いずれにせよ、元はすべて借りる方からいただいている構造です。

 

敷金から差し引かれる『原状回復費』は、部屋を次の人にお借りいただくにあたり、「使った分」を借主さんからいただこうというものです。といっても、完全に借りた時の状況に戻してもらうものではなく、自然減耗と言われる程度の汚れなどは含まれません。弊社では基本的にクリーニング費用(30,000円)をいただいていますが、壁に穴が空いていたりたばこのヤニがひどかったりすると、この分をいただいたりしています。

 

お部屋をまめに掃除していただいたり、たばこを吸わない方であれば、クリーニング費だけで済んだりします。ですから、お部屋をきれいに使っていただくと、大家さんも助かりますし、敷金がその分戻ってくるので、借りる方にも良いと言えます。

 

この敷金、礼金ですが、最近ではいずれも0というケースもあります。敷金も礼金も0ということは、それだけ借りる人にとっては初期費用の軽減になりますので、借りやすくなります。「早く入居者を確保したい」という大家さんの方針によるものです。

0円だからお得」かと言えば、一概には言えません。「0円にしなくても入居者は決まる」ということは、「内容がいい」ということの裏返しとも言えます。「0円」ばかりを見るのではなく、よく内容を比較することも大事でしょう。

 

ちなみに弊社の場合、部屋の設備が少し古かったりすると、戦略的に「礼金0円」とすることはありますが、敷金は最低1か月分お預かりさせていただくようにしています。新しい部屋だったり、「ペット可」だったりすると、2か月分をお預かりさせていただいておりますが、それもより良い条件のお部屋を提供させていただいているという証と思っていただければと思います。

 

今回は大家さんの立場から見た「敷金・礼金」についてのご紹介でした。

 

(H)