不動産の情報

「不動産を買おう」あるいは「借りよう」とする人が最初にすることは、「情報を集めること」でしょう。自分が希望しているエリアにはどんな物件があるのか、価格はどのくらいなのか、そうした情報を集めるところからスタートすると思います。そんな時、昔は不動産会社を訪ねたり、あるいは新聞のチラシを片手に現地へ行ってみたりしたものですが(もちろん今でもそれは有効な手段です)、いまではネットによる検索もかなり充実して便利になってきていますので、そうした手段も有効でしょう。

 

 ネットで検索する場合は、「スーモ」や「アットホーム」、「ホームズ」などが有名ですが(弊社もスーモにはよく物件を掲載させていただいています)、我々不動産業者間では「レインズ(Real Estate Information Network Systems)」という情報システムがあります。これは、不動産を売りたい、貸したいという方と契約を結んだ場合、情報を広く公開して買い手、借り手を見つけやすくしようというものです。特に契約内容が「(専属)専任媒介契約」という他の業者を排除した契約である場合は、レインズに契約対象となっている不動産の情報を登録することは法で定められています。

 

たぶん、これは不動産業者が情報を独り占めして(何せお客さんを見つければ売り手と買い手双方から手数料がもらえておいしいのです)、なかなか契約が決まらないということを避けるためでしょう。ただ、義務化されているのは「(専属)専任媒介契約」という独占契約形態だけですので、複数の業者と契約を結ぶことができる「一般媒介契約」の場合はこの限りではありません。「独り占め」のリスクが少ないからなのでしょう。

 

そうは言っても、情報というのは「公開情報」より「非公開情報」の方が重宝されるのはどこの世界でも同じ。弊社にも売り買いともに公開前の情報が寄せられることは多々ありますし、また懇意にしている仲介業者さんに非公開で買い手探しを依頼することもあります。懇意にしている仲介業者さんが、物件情報を入手したその日のうちに弊社に持ってきていただいたこともあります。不動産を買いたいと思った場合は、事前に不動産業者さんに相談し、「こんな不動産を探している」と伝えておくと、ひょっとしたらいち早く教えていただけるということもあるかもしれません。

 

世の中、すっかりネット社会ですが、昔ながらのアナログな方法もバカにはできないと思います。また、非公開情報がすべてではありません。公開情報も膨大な数がありますし、日々情報は更新されます。公開情報という大海は、とてもではないですが、すべてを把握できるものではなく、取捨選択が必要です。先日、賃貸でお部屋探しをお手伝いさせていただいたお客様も、弊社担当者が毎日レインズ情報をチェックし、無事契約に至りました。なかなか普通の仲介業者さんではやっていただけないサービスだと自負しています(お客さんが少ないゆえにかえってこういうサービスができてしまったりします)

 

来期はまた自社のマンションを販売していく予定です。

現在リニューアルデザイン中ですが、ご興味があれば事前にこっそりお教えさせていただきます・・・

(H)