弊社ならではの付加価値(バリュアブル)

3月は弊社の決算月です。この一年の締め括りにあたり、おかげさまで販売予定物件はすべて売却終了。また、賃貸部門は他のオーナーからお預かりしている管理物件も含め、すべて満室でこの期末を迎えることができました。特に管理物件については、やはりお預かりしている責任がある以上、自社物件以上に緊張感をもって募集活動を行ってきただけに、ホッと安堵しております。

 

管理物件を含め、賃貸募集にあたっては、その物件の特徴をよく見極めた上で募集活動に入ります。そしてその前提として、ただオーナー様から依頼されたまま募集するだけではなく、プロとしてより良い条件で募集するためのアドバイスもさせていただいております。弊社ならではの「付加価値」とも言うべきもので、それが弊社を「バリュアブル」にならしめるものと考えています。

 

以前ご紹介いたしました「エンゼルハイム池上」については、設備の老朽化を踏まえ、家賃を下げずに募集するために、改装をご提案させていただきました。その甲斐あって、家賃は変わらぬまま、新しい入居者をお迎えすることができました。オーナー様には喜んでいただきましたし、新しい設備のお部屋に入ることになった賃借人の方も気に入っていただけたからこそ、ご契約いただけたものと思います。

 

また、先日ご紹介いたしました「エコロパーク大田中央第4」についても、本来は一般の月極駐車場として募集するところをコインパーキングの可能性を調査。そしてより良い条件を提示していただいたエコロシティ株式会社様との契約をオーナー様に提案。結果として月極駐車場よりも良い条件でエコロシティ株式会社様のコインパーキングを導入させていただきました。

 

自社物件には、弊社ならではの付加価値を常に心がけていますが、それは管理物件についても同様です。弊社に管理をお任せいただく以上、オーナー様には「管理費以上の付加価値」を感じていただかないといけません。それが弊社の目指す「バリュアブル」ですが、来期もさらなる信頼をいただけるようにスタートを切りたいと考えております・・・

 

 

 

(H)