定期借家権

「定期借家権(定期借地権)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは借地借家の一形態で、平たく言えば「期間限定」の借地借家契約です。

例えば家を借りる場合、「2年契約」というのが一般的かと思います(弊社の賃貸住宅もほぼ2年契約です)。表面的には期間が決まっていますが、従来の借地借家法では借主の権利がとても強く、一旦貸してしまうと貸主から契約を解除するのは非常に困難です。「期限が来たから」と言って、「出て行って下さい」とは悪質な家賃滞納などよほどのことがない限り言えません。それは「賃借人保護」という点ではとてもいいものだと言えます。

 

しかし、時代の変化もあって人のニーズも多様化する中、それだと困るケースというのも出てきました。

例えば仕事で海外に行くことになり、その間空いている自宅を貸したいと思う人がいたとします。多少なりとも家賃が入ってくれば、ローンの返済にも充てられます。しかし、いざ帰国して自宅に住もうと思っても、すぐ明け渡してもらえないと自宅があるのに家を借りないといけないとなると、うっかり貸すわけにはいけません。絶対的に期間限定で、期限には確実に明け渡してほしいというニーズには、従来の借地借家法では対応できなかったのです。

 

この「定期借家権」であれば、期限が来れば確実に明け渡してもらえるので、貸主も安心して貸すことができます。相場に比べて家賃が安くともゼロよりはいいのです。一方、何らかの理由で短期間家を借りたいという人にとっても、相場より安く借りられるならメリットはあります。どうせ短期間しか借りないのであれば、家賃が安いというメリットは絶大です。「定期借家権」は、こうした人たちのニーズを充たすものです。

 

「期間限定」という制限があるため、一般的に「定期借家権」の不動産は上記の通り賃料が安く設定されています。「安くてもいいから短期間だけ貸したい」「短期間だけなので安く借りたい」というニーズを見事につなぎ合わせる制度です。

弊社でも定期借家権を導入している部屋はあります。前のオーナーからの条件をそのまま引き継いでいるものが大半ですが、期間満了後にはリノベーションをして中古住宅として販売したいというものもあります。

 

 

 これから部屋を借りたいという方で、短期間の賃借を予定されている方は、定期借家権の物件を探してみるのも良いかと思います。豆知識してご活用いただければと思います。

(H)