瑕疵担保責任

「瑕疵」とは難しい言葉ですが、本来「きず」とか「欠点」などという意味があります。不動産業界で「瑕疵」と言えば、平たく言えば「欠陥」という事になります。目に見える欠陥であればすぐわかるので怖いことはありませんが、一番怖いのは「隠れたる瑕疵」、すなわち「見ても(表面上)わからない」欠陥でしょう。内覧に行ってまさか壁や床をはがして調べるなんてできません。そこは売主を信用するしかない世界です。

 

 とは言え、ほとんど初めて会うのが大半なのが売主と買主の関係でしょう。信用すると言っても、ほとんどギャンブルに等しいと言えます。そこで売主にも「売り逃げ」を許さないルールを設けたのが、この「瑕疵担保責任」です。

これは売主に対して、売却後も一定期間、欠陥が発見された場合にその責任を求めるもので、民法及び判例では「買主が知った時から1年以内」または「引渡から10年以内」の期間とされています。

 

詳細は割愛いたしますが、これに対し一般の売買では、特約で個人間では「3か月」、売主が宅建業者であれば「2年間」とすることが多いようです。個人売主の負担が軽く、宅建業者のそれが重いのはある意味当然で、宅建業者の場合は宅建業法で定められています。民法の規定と比較すると買主には不利な特約ですが、売主の立場にすると、責任逃れをするのは論外としても、引渡しから何十年も経ってから責任を問われても厳しいところがあります。通常、生活を始めてしばらくすれば、瑕疵があればわかるものでしょう。両者のバランスとしては、妥当ではないかと思います。

 

 弊社も前期不動産を売却いたしましたが、宅建業者であるため、いずれも2年間の瑕疵担保責任を契約上明記しております。幸い、いまのところ「まだ」瑕疵担保責任を問われるような事態は起こっておりませんし、おそらくこの先もそういう事態はあり得ないだろうと自負しています。とは言え、先日入居早々「一部ふすまを破損してしまった」、「室内のドアが強く閉まるのは何とかならないのか」というご相談をいただき、無償にて対応いたしました。瑕疵担保責任の範疇ではなく、これは弊社の「アフターサービス」であります。

 

 やはり弊社としても、「買って良かった」と思っていただきたく、こうしたアフターサービスの労は厭いません。もちろん、万々が一、瑕疵があれば誠意を持って対応させていただくのは当然です。弊社でお売りする不動産には「信用」も含まれていると考えております。

これからもみなさまには安心して購入していただける不動産会社を目指して行きたいと考えております。

 

 

 

(H)