繰り上げ返済

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀行から住宅ローンなり、不動産投資のためのローンを借りる場合、借金はなるべく早く返済したいと思うのが、人の常でしょう。「毎月の収支に余裕があればそれを貯めて、ある程度貯まったら内入れ返済」と考える方も多いかと思います。しかしながら、その時考えておかないといけないのは、将来的な資金計画です。内入れ返済を頑張りすぎて、いざお金が必要となった時に、十分な蓄えがないと困ってしまいます。「借金も資産のうち」といいますが、今は金利も安いので「借りておく」の一手段です。

よくよく考えてから内入れ返済をするようにしないといけません。

 

具体的な資金計画ですが、自宅の場合は将来車を買ったりお子さんの教育資金がひつようになったり、リフォームだったりとご家族の事情によっていろいろあるでしょう。一方、不動産投資の場合は概ね「修繕費用」を考えておけばよいでしょう。借り手の方も、中には10年以上借りていただける場合もありますが、数年で入れ替わると考えるのが一般的です。空室となった時に、単純に原状回復のクリーニングで済めば良いですが、ある程度期間が経過すれば「修繕」という出費は不可欠です。

 

この修繕もクロスの張り替えといった少額のものから、キッチンや風呂などの水回りの設備機器の入れ替えなど大掛かりになれば、それなりの出費を覚悟しないといけません。間取りも「流行」がありますので、空室期間が長くなればお金のかかるリノベーションも考えないといけないかもしれません。もちろん、「その時借りる」という方法もありますが、「借りられない」というリスクもありますので、ある程度は自己資金を用意しておきたいものです。

 

また、ローンの返済は毎月必ずありますが、家賃は空室になるとゼロになります。したがって空室期間は、手元の預金を取り崩して返済に充てないといけません。1ヶ月程度なら問題はないかもしれませんが、3カ月、4カ月、半年・・・なんてことになると、この間の返済負担もバカになりません。繰り上げ返済も大事ですが、こうした資金負担も考慮しないといけません。

 

では、いったいどのくらい用意すればよいのでしょうか?

それは月々の家賃によっても物件の特徴によっても様々です。本来は、購入時に資金計画を立てて借入金額を決めるが一番望ましいです。もちろん十分な自己資金があればアバウトでもなんとかやっていけますが、そうでない方は、月々の入金と返済のバランス、将来の支出計画、万が一のためのゆとり資金等々を考えておくべきでしょう。

 

不動産投資の場合は特にこうしたことを分かった上で実行するのが望ましいですが、もし不慣れであれば専門家のアドバイスをもらうことも考えた方がよいでしょう。

弊社でもご希望に合わせてそうしたご相談に対応できる体制をとっております。弊社から投資用不動産を購入される場合、あるいは弊社で探すお手伝いをする場合に、ご要望があれば対応させていただきます。

ご興味のある方は、是非ご相談いただければと思います・・・

 

(H)