Line

スマホの普及とともに、Lineを利用する人が増えています。というか、もはやそれが「あたりまえ」の存在になりつつあるように思います。今どき、「携帯電話の番号を教えて下さい」とは聞かれても、「携帯電話を持っていますか」とは聞かれませんが、そういう世の中の流れには、弊社も当然ついていかなければと考えています。

 

新しいツールが登場し、世の中に普及するにつれて当たり前のツールになってくれば、それを利用することを考えないといけません。Lineもその一つです。既にこれを利用した新しいサービスも登場してきており、イベントや新製品の告知などに使われているようです。弊社も、現在お客様との連絡ツールとして、「電話」、「ファックス」、「メール」を利用していますが、「Line」も当然ここに加えたいと考えています。

 

現在、既に多数の人に何かを告知するサービスとしてのLineの利用は出てきているようです。先日もお付き合いさせていただいている広告会社の方からご紹介をいただきました。しかしながら、弊社の場合は主として「入居者の方や物件の購入希望者の方からのお問い合せ」という、いわば「11の利用」が主眼にありますので、現時点では見送り致しました。調べてみましたが、いまのところLineの活用は「個人対個人」がメインで、「法人対個人」の利用はまだできないようです。

 

Lineが利用できるようになったら、どんな利用ができるだろうかと考えてみました。Lineは、グループ間の連絡が簡単という特徴がありますので、例えば入居者の方に一斉に連絡する場合などは便利かもしれません。また、家賃が遅れている方などについては、個々にこっそり連絡をしないといけませんが、スタンプなどを活用すれば、「督促色」を薄められるのではないかと思ってみたりします。

 

いずれにせよ、「法人対個人」の利用も可能になるのではないかと期待しています。その時にどんな利用方法が可能なのか。より利用者の方と親密になれるような利用方法はあるのだろうか。これから興味を持って研究していきたいと思います・・・

 

 

 

(H)