新築と中古

不動産投資をする場合、新築が良いか中古が良いかは難しいところです。価格の面から言えば、一般的に「新築は高く、中古は安い」と言えると思います。(もっとも昨今は価格の急騰により中古も安いとは言えなくなりつつありますが・・・)

新築が高いのは、本体価格に加えて様々な経費を上乗せしているからで、一般的に買った途端、(上乗せした利益分)価格は下がると言われています。

(もっともこちらも昨今価格の高騰から買ってすぐさらに利益を上乗せして転売しようという動きもあり、バブル期を彷彿とさせます・・・)

 

それゆえ、不動産投資の本では中古の購入を勧めたりしていますが、これも気を付けないといけないことがあります。それは「メンテナンス」です。中古物件は中古物件ゆえに、「修繕」の必要があります。賃借人が退去し、あらたに入居者を募集するには原状回復を行わないといけません。クリーニング程度ですめば良いですが、年数が経てば設備も劣化いたしますので、交換等の必要性も出てきます。その費用は、モノによって数十万円。大掛かりなリフォームとなれば100万円を超える支出も覚悟しないといけません。

 

これに対し、新築はさすがにその心配はなく、購入してしばらくはクリーニング程度で済みますので追加の費用負担がかかりません。どちらも一長一短であり、投資に当たっては考慮すべき内容であると言えましょう。中古でもリフォームしたばかりであれば、当面メンテナンスのコストは抑えられるでしょうし、長く修繕されていなければ、続々と出費が重なる可能性もあります。利回りの高さが中古の魅力ですが、利回りだけに目を奪われていると、「隠れた出費」が後日表面化してくるかもしれません。

 

では、不動産投資を考えている人はどうすれば良いのでしょうか?高いのを覚悟で新築を買うか、「えいやぁ!」で中古を買うかですが、「えいやぁ!」と気合を入れなくても「専門家にアドバイスを求める」という手段もあります。弊社では、こうした投資用不動産の購入に際し、単に媒介だけではなく、アドバイスサービスを実施しています。その不動産の持つ特色、注意すべき点、価格以外の評価、購入後の改装等々のレポートをお作りしています。

 

 

ご関心のある方、不動産投資初心者の方に是非ともご利用いただき、ともに満足のいく不動産投資ができればと考えております。よろしくお願い申し上げます。

 

(H)