住宅ローンの借り方(その3)

家を買う時は、たいがいの方は住宅ローンを利用されると思います。その時、いったいいくら借りられるのか、借りたらいいのかについて、迷う方も多いかと思います。それについては、どう考えるべきでしょうか。何となく「銀行がいくら貸してくれるのか」と考えがちですが、本当に大事なのは「いくら借りられるか」ではなくて、「いくら返せるか」です。

 

銀行は、一般的に担保の価値とは別に、「返済比率」というものを目安にします。だいたい年収の3035%としているところが多いかと思います。例えば年収500万円の人なら、500×35%=175万円が返済額の上限と考えます。この金額は、ボーナス返済なしなら「毎月146千円」、ボーナスで半分返すなら「毎月73千円、ボーナス438千円」といったところです。これは、「期間35年、金利2.475%」とすると、だいたい4,100万円の借入金額となる計算です。

 

しかし、これは銀行が審査で使う数値なので、貸してくれるなら借りようと考えるのはちょっと待った方が良いでしょう。何せ一度借りると、「35年間毎月休みなく」返済しないといけません。今は良くてもこれから35年間に何があるかわかりません。子供の教育資金や車を買ったり家族で旅行に行ったり、リフォームをしたりといろいろな出費があるでしょう。銀行の審査はこれらのことを考慮には入れていません。

 

では、どう考えるかと言えば、やはり「月々いくら払えるか、ボーナスでいくら払えるか」から考えるべきでしょう。その一つの目安としては、「今払っている家賃」+「毎月貯蓄している金額」があると思います。より望ましいのは「今払っている家賃」の範囲内でしょう。これなら、それまでやってこられているわけですし、ローンを借りても返していけると考えられます。

 

例えば今払っている家賃が12万円なら、上記の計算では借入額は約3,400万円となります。銀行が「4,100万円まで大丈夫ですよ」と言っても、慎重に考えるべきでしょう。もしもそれで足りないなら、実家の支援を仰ぐとか、それが無理であれば無理して買わないといった選択が必要でしょう。会社から家賃補助を受けていて、実際の家賃負担が7万円などであるなら、要注意です。負担が軽い分、貯金していたのであればべつですが、そうでなければ実際の家賃をベースに考える必要があります。

 

いずれにせよ、考え方としては、「いくら返済できるか」から考えると良いということになります。その内容は人それぞれでしょうが、一つの考え方のご参考としていただければと思います。

 

 

 

(H)