直接取引

弊社は、お部屋を賃貸に出しています。募集は主にホームページとスーモで行っていますが、別途レインズという不動産流通機構に登録し、業者に対する告知もしています。レインズは一般の方は見ることができませんが、スーモやホームページは閲覧可能です。もしも、直接弊社にお部屋を借りたいとお申し出いただければ、仲介業者に手数料(家賃の半月分)を払うことなく、手続きを取ることができます。いわゆる「直接取引」とです。

 

実は賃貸の現場では、貸主・借主双方がそれぞれ相手を紹介していただいた仲介業者に手数料を払います。その額は、それぞれ「ひと月分の家賃の半額」です。つまり、直接取引となると仲介業者に手数料を払わなくて済むのは借主さんだけではなく、貸主たる弊社もそうなのです。手数料を払わなくて済むという一点で、双方にメリットがあるのです。では、なるべく直接取引をすれば良いと思うところですが、果たしてそんな物件をどうやって探したらいいのでしょうか。今回はそんな「直接取引物件」の探し方をご紹介したいと思います。

 

と言ってもそんな難しい事ではありません。物件の説明欄を細かく見ていくと、「取引態様」という欄が必ずあります(宅建業法で記載が義務付けられています)。ここで、「貸主」となっていれば、それが「直接取引」を意味します(仲介業者が取り扱っている場合は、「仲介」または「媒介」となっています)。間取りや賃料などの条件を確認し、気になったものはここもチェックされると良いと思います。

 

インターネットの不動産情報では、同じ物件が重複して掲載されているのが珍しくありません。それはその物件を紹介したい業者が競って掲載しているもので、基本的にどこを選んでも同じです。であれば、面倒でも一つ一つ「取引態様」を確認して、もしも「貸主」というのがあったら、そこに直接申し込めば直接取引となって仲介手数料が不要となります。同じところに住むのであれば、こんな一手間をかけるのも悪くないと思います。

 

また、「貸主」物件がないと思っても、媒体を変えると同じ物件が掲載されていることもあります。「スーモ」や「ホームズ」、「アットホーム」などの三大サイトは基本的にチェックするようにされると良いでしょう。物件名がわかる場合は、物件名で直接検索してみるのも良いかと思います。今は昔と違い、その気になれば情報はたくさん手に入ります。そうした時代の恩恵を是非活かしていただきたいと思います。

 

 

その上で、弊社が直接募集している物件とご縁があれば幸いです。

(H)

 

同じくスーモの「物件」例。

すべて同じ物件であるが、それを取り扱いしたい仲介業者がそれぞれ掲載している。たくさん部屋があるような錯覚に陥るが、すべて同じ部屋。

「詳細を見る」をクリックすることで、取扱業者の内容と「直接取引」か否かがわかります。

スーモの「物件概要」例

「取引態様」という欄があり、ここに「貸主」とあれば、「直接取引」です。