仲介手数料の真実

不動産を買う場合、借りる場合、不動産会社に紹介してもらうと、成約時には仲介手数料を払うことになります。手数料がもらえるからこそ、不動産会社は一生懸命汗をかいて不動産を紹介するわけですし、これが不動産仲介会社の生命線でもあります。そしてこの手数料は、法に基づいて決められています。その額は、売買であれば不動産価格×3%+6万円(400万円以上の場合)、賃貸であれば月額家賃の1か月分となっています(一部例外あり)。

 

「法に基づいて」決まっているとはいうものの、実は注意しないといけません。売買はともかくとして、賃貸の場合、支払うべき賃料は「居住用」の場合、原則「家賃の半月分」とされているのです。そして例外として、「依頼者の承諾を得ている」場合、「家賃の1か月分」が認められています。しかし、原則と例外が逆転するのは世の常、現実には「家賃の1か月分」が「普通に」請求され、支払っているケースがかなり多いと思います。もちろん、その「原則と例外」を良くわかっているのなら問題はありませんが、実際はわかっていない人が大半ではないかと思います。

 

おそらく、大半の人は、「手数料は家賃の1か月分です」と言われれば、「そうですか」と何も疑問に思わず請求されるまま払うのではないでしょうか。そして、こうした業者は、賃貸契約の前に行う「重要事項の説明」の時に、「手数料は1か月です」とさらりと説明し、捺印をもらうことによって「承諾を得た」としているようです。あるいは、某サイトのように、初めから「手数料1か月」と明示して募集していますので、申し込む人はあらかじめ「承諾済」とされているのかもしれません。

 

まぁ違法行為ではありませんし、ご本人がご納得されてのことであれば良いと思いますが、原則を知っておくことも良いかと思いご紹介させていただきました。信じ難いことに、業者さんによってはこの原則を理解されていない人もいますので、場合によっては尋ねてみるのもよいかもしれません。また、手数料はすべて大家さんからもらうこととし、借りる方に対しては、「手数料無料」を謳っているところもあります。

 

 

手数料もいろいろですが、マメ知識としてご利用いただければと思います。

 

(H)

仲介手数料1.08か月(消費税込み)一例