住宅用賃貸総合補償保険

賃貸住宅に入居する際、大概保険に加入していただきます。この保険は、主として入居者の持ち物である家財と何らかの事故によって他人に被害を与えた場合の損害をカバーするものです。建物の火災保険は大家が付保していると思いますが、部屋の中の持ち物と他人とに対する損害保険は入居者の方にお願いする次第です。

 

この保険ですが、弊社の場合、これまでは保険代理店にお願いして入居者の方にご案内しておりました。しかしながら、それだと賃貸契約の手続き時に一緒にできないなど不便もあって、弊社も代理店になることにいたしました。そして8月より晴れて宅建ファミリー共済の保険代理店となりました。

 

代理店になるに際しては、各社員が必要な資格を得るための試験や研修を受けたり、システムの操作を学んだりと代理店として必要な準備を重ねてきました。この度、代理店として認可を受け、さっそく先月保険加入第一号をお迎えいたしました。これにより、賃貸契約時にご希望の方にはその場で保険加入手続きが可能となり、一度に手続きを済ませられることになりました。日頃、お客様サービス向上を意識している関係から、実に良かったと感じております。

 

保険自体は実にシンプルで、他者への保証が「1,000万円タイプ」と「3,000万円タイプ」から、家財については「200万円タイプ」から100万円ごと「1,000万円」タイプまでの組み合わせを選択していただくことになります。期間は「1年タイプ」と「2年タイプ」で、保険料は上記の組み合わせによって、8,000円から34,000円までとなっています。

 

ささやかな一歩ではありますが、これからも入居者の方の利便性を追求していきたいと思います・・・

 

 

 

(H)