不動産の証券化

リートという言葉を耳にしたことはありますか?これが不動産を証券化した金融商品のことです。リートとはREITをカタカナ表記しただけです。これはReal Estate Investment Trust の略語です。日本語に訳すと「不動産投資信託」となります。

 

言葉の説明のみで十分に理解される方、もしくは、それさえも必要ない方にはくどくて申し訳ないのですが、一応ご説明申し上げます。

 

最もシンプルな不動産投資はひとつの物件を一人で所有して、そこから得られる家賃収入を全額手にする方法です。不動産の価格は数百万円から数百億円の場合もあります。当然、高額な不動産からは多くの収入が得られます。でも、あまり高額になると投資できる大金持ちは、ほんの一握りになってしまいます。そうなると、なかなか投資(購入)してくれる人が見つからず不動産市況が無風状態になってしまいます。また、場合によっては物件そのものの維持管理に支障をきたすこともあります。

 

そこで考えられた方法の一つが小口化です。これは何百億円の不動産でも何百人で一緒に所有し、そこから得られた収入も出資に応じて配分される仕組みです。これならば、たとえば10万円/一人で不動産投資ができるかもしれません。ところが、二人や三人なら、まだしも何百人となると登記したり税金を支払ったりすることを考えると不動産を所有する形式としては不合理なことが起こってきます。

 

そこで登場するのが証券化です。特定目的会社(SPC)という会社を通して不動産を所有して、その会社の発行する証券を大勢の人で所有するという形をとります。SPCはその名のとおり、この投資のためだけの会社で他の事業活動はしません。また、得られた利益の多くを投資家に還元することが義務付けられています。その代り法人税や不動産取得税で優遇措置を受けます。この会社は最初から寿命が決まっていて役割を終えると所有していた不動産を処分して出資者に還元し、自らは解散します。

 

 

ごく簡単に不動産の証券化のお話しをさせていただきました。世の中には頭の良い人がいるものですね。弊社が将来、こうした証券化をどうとらえていくか。今後考えていきたいと思います・・・