トランプ占い

ここ数日の間、ニュースの主役は何と言ってもアメリカ合衆国の次期大統領に決まったトランプ氏でしょう。いかに馴染の深い国とは言え他国の国家元首について「あーだ、こーだ」論ずることは憚りたいと思います。それに、私はトランプ氏についてあまり多くを知りません。だから、「マスコミの報道」や「町の噂」や「外見から受ける印象」や「想像」で人物評はしないつもりです。

 

そうはいっても、世界中に向けて最も大きな影響力を発揮しうる役職に就こうとしている人物ですから… これからの自分の生活にどう影響するだろう??? という視点から独り言を漏らしてみます。

 

まず一番に考えたことが不動産価格に対する影響です。以前にも論じたように不動産の価格には相場が存在します。株価や利用の需給、最近では為替や金利などの外部要因で上下します。トランプ氏の人物やパフォーマンスはともかく、その政策と進もうとしている方向性は見定めていく必要があります。

 

今のところ、トランプ氏はアメリカ国内重視で貿易に関しても保護政策を主張してきたようです。アメリカはもともと、エネルギー、食物、その他多くの分野で自給自足が可能(本当にそうなのかは知りません)であって、歴史的にも一時期、保護政策を重視していたことがあったはずです。それと、もう一つの特徴として国外からの移民を受け入れ、移民が創った国だということです。アメリカの活力の源泉はこの移民政策による人口の増加、消費の拡大、競争社会(行き過ぎると弱肉強食)ではないでしょうか?

 

トランプ氏の主張には違法移民を排除するという内容があるようです。では違法移民の違法とは殺人や詐欺といった犯罪をいうのでしょうか?たぶん、そうではなくて移民の手続きが正規に執られていないことを指すのではないでしょうか?ということは、移民の手続きに関する法律を変えれば違法でなくなるのでは???

 

 

おっと、いけない、最初に自ら禁じた「想像」で論じてしまいました。この辺りが私の限界ですが、最後に一言だけ申し上げれば、「先に移民として来た人たちが既得権を主張して後から来る移民を排除するのは勝手ですが、移民が増えないと国の活力がなくなり保護主義ではジリ貧になるんじゃない?」と訳の分からない外国人は思うのでありました。