バリュアブル

弊社はもともと建設業としてスタートした土台があるため、現在でもお部屋の改修は自社で手掛けています。常日頃、どんな部屋であれば、入居者の方に喜んでいただけるのか研究しています。事業である以上、収益は意識しないといけないところ。お金をかければいいというものではありません。いかに費用を抑えながら、入居者の方に喜んでもらえる部屋造りができるのか、が大事なところです。

 

現在、賃貸募集中の「ライオンズマンション生麦」は、前入居者の方に長年ご利用いただいたあとであり、部屋の設備関係もかなり傷んでおり、これを機に全面改装を決断いたしました。弊社のリノベーションのモデルとしてPRしたいという目論見もありました。部屋に入ってまず目につくのは、ブルーの壁です。トイレの壁とも同調していますが、普通のありきたりのクロスではなく、カラーコーディネイトしただけで、余計な費用はかかっていません。

 

キッチンも従来利用していた賃貸住宅向けの大衆デザインのものではなく、デザイン性の高いコンパクトキッチンにしました。値段的には従来品とほとんど変わりません。同じ値段なら、より使ってみたいと思うようなものにしてみました。シューズボックスはまだ使用できましたが、周りとの調和のため敢えて交換いたしましたが、費用は26,800円とリーズナブルです。その他、壁の収納ボックスなど数千円の費用負担です。お金をかければ贅沢なものができますが、費用をかけずにやるところが重要です。

 

こうしたデザイン・リノベーションのノウハウは、弊社のお部屋だけでなく広く他の大家さんにもご提供させていただければと考えています・・・

 

 

 

(H)

【生麦before after】