春な忘れそ

 まだ1月だというのに昨日は4月並みの暖かさでした。一転して今日から寒さがぶり返して今朝はコートを着込んで出勤です。自宅を出て駅までゆく途中に公園を通り抜けます。数日前から気が付いていましたが、園内に紅白の梅が見事に咲いています。

 

 梅の花で思い出すのは菅原道真が詠んだ歌、「東風吹かば 匂い起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」

 

 前回は空き家問題、その前は受験についてのお話しでした。この歌は後に受験の神様として祀られる詠み手が、遠く大宰府に左遷されたとき、都に残した自宅の梅を懐かしんで詠んだと聞いています。

 

 

 普段あまり、写メを使わない私ですが、思わずシャッターを押してしまいました。早く、春が来ることを願って!