所有者優先

弊社は、区分所有マンションを多数保有しております。マンションの一室を持っていて賃貸に出していますが、マンションによっては我々のような賃貸オーナーと自宅として居住する方との扱いを分けているところがあります。例えば、「管理組合の理事になれるのは居住オーナーのみ」とか、「駐車場は居住オーナー優先」とかです。

 

理屈から言えば、賃貸オーナーであろうと居住オーナーであろうと同じお金を出して買っているわけですので、扱いは平等にしてほしいという思いがありますが、管理規約でしっかり決められてしまっているとなかなか変更してもらうのも大変です。管理組合の理事などは、「住んでいないと実情がわからないし、実情がわからないと日々の生活に根差したマンションの問題を話し合うのに不都合」という理屈はあるかもしれません。

 

そういう「もっともらしい」理由があればまだしも、駐車場についてはいかがなものかという気持ちは拭いきれないものがあります。もちろん、すべてのマンションというわけではありませんが、現実的にそういうマンションがあるのは事実で、如何ともしがたいところです。これまで区分所有マンションを購入する際、規約まで確認することはなかったので、今後はこうした点も考慮して購入する必要があるかもしれません。

 

その他自転車についても、マンションによっては駐輪場は各部屋1台のみというところがあります。そうしたところは、不便はないのだろうかと思ったりしています。これまでは、正直言って共用部分の細かいところはあまり意識してこなかったのですが、今後賃借人の方の利便性向上を図っていく上では、大いに意識したいと考えています。

 

まだまだ気が付かないところもあるかもしれませんので、入居者の方の声にこれまで以上に耳を傾けてまいりたいと考えています・・・

 

 

 

(H)