不動産を買うときの保険

 弊社は社名のとおり不動産会社ですから、その立場から関連する保険について、少しだけ触れてみましょう。不動産を購入するときに、その購入資金を金融機関から借りたとします。一般的に生命保険と火災保険に加入することが義務付けられます。しかも、この費用は借り手の負担です。お金を貸す側からすると不測の事態に備えて貸したお金が戻ってくるよう、金額に見合った担保を確保します。ここでいう不測の事態とは、具体的には借り手が何らかの理由でお金が返せなくなることです。そんなときに備えて、通常は購入対象物件に抵当権を設定して、その不動産を売却するか、あるいは競売にかけることで資金を回収しようとします。それで十分であって、わざわざ保険に入らなくても…とも思えます。

 

 それでは、どういうときに借り手がお金を返せなくなるでしょうか?理由は様々でしょうが、ここで、二つのケースについて着目しましょう。ひとつは借り手が亡くなってしまう場合です。一家の大黒柱が借り手になるのが普通ですから、その人が亡くなってしまった結果、借りたお金を返すために住まいを取り上げられて売られてしまっては残された家族は生活の基盤を無くしてしまいます。そこで、この事態を避けるために生命保険があります。もうひとつは、火事などの災害で対象不動産が被害をうける場合です。お金を貸した金融機関は、不足の事態が現実になる可能性が高い状況にもかかわらず、担保として確保していた不動産が消失してしまい担保の役目を果たさないので、これに備えて火災保険の加入を義務付けます。また、その保険金が他のことに勝手に使われないよう質権という権利を設定して直接、返済に充てられるようにします。

 

 これまで、住宅ローンなどお金を借りたときの保険の役割について説明してきました。ここで、ひとつ追加のお話しをいたします。不動産を買うときに、お金を借りても借りなくても取得した物件は一般的に高額であって持ち主にとって大切な資産です。それが火事によって消失してしまったら大事です。自分自身は常に気を付けているから大丈夫という人もいらっしゃるかもしれません。隣家からのもらい火のときは火元に弁償してもらえると思っているのではないでしょうか?答えはノーです。一般的に法律で、他人から損害を受けたときは原因を作った人が弁償するのが当たり前ですが、火事については例外で、火元となった人に賠償責任は求められないようです。(もちろん、故意や重過失の場合は別です)

 

 

 そう考えると、どちらの保険も大変重要に思えてきますね。