終電メリット

 弊社の売り出し物件は他の者から度々ご紹介させていただいております。その中の一つ、「ルフォン白金台タワーレジデンス」について、少々、視点を変えた立場から改めて言及してみます。前の記事が表の紹介記事とすれば、こちらはいわば、裏の情報といったところです。

 

 さあ、それでは、このマンションの何に着目したかということからお話しします。それは、夜遅くに帰宅するときの終電です。私は既にアラウンド60になり、さすがに終電で帰宅することもなくなりましたが、かつては数か月に一度は終電、数年に一度はそれをも逃してしまい、やむなくタクシーを利用したことを告白します。その理由は仕事もあれば、お酒のお付き合いもありました。そんなとき、終電が遅いのは本当に心強いものです。私に限らず、子供たちの世代(アラウンド30)は仕事やプライベートで帰宅が遅くなるようです。

 

 ここに挙げた「ルフォン白金台タワーレジデンス」は表の記事にあるように交通の便が良く、いろいろな駅にアクセスできますが、その中でも品川駅と五反田駅に着目するとどうなるでしょうか?ふたつとも山手線の駅なので、同じ山手線の渋谷から帰宅することを想定して時刻表を調べると、渋谷発0107の品川行きが終電です。逆方向の東京からですと0103発の品川行きが終電です。これが品川駅は使えずに五反田のみだと0023が直通の最後、裏技として0035の中央線で代々木に出て逆回りに乗って五反田に出るというのもありますが、それも地変ですね。

 

 

 こんなことでメリットを感じていただけるかどうか疑問に思いながらも、独り言として、ちょっと変わったご紹介をさせていただきました。