トラップ

今回は、縁の下のお話です。住宅設備には、意外なところで意外な知恵が生かされているものです。その一つが、「排水管トラップ」です。よくキッチンや洗面台の下を除くと排水管が「S」字になっていますが、あの「S」字形態のことです。まっすぐ下に排水すれば早いものですが、何のためにわざわざ「S」字にくねっているのでしょうか。それが「トラップ」と言われる仕組みです。

 

「S」字になっていると、当然流した水はここの部分に「溜まって」しまいます。それがこのトラップのミソで、この水(封水と言います)によって、ネズミやゴキブリなどが外から入ってくることを防ぐのです。また、臭いも同様にシャットアウトできます。水は流せばどんどん入れ替わりますので、腐ることはありません。

 

実にシンプルな仕組みですが、効果的な仕組みでもあります。しかし、欠点もあります。水が溜まっている限りは有効ですが、失くなってしまうと当然効果も消失します。なくなるのは、長期間使用していなかった場合で、例えば旅行なんかで家を留守にして帰って来た時に何となく下水の臭いがするといったのは、こういう理由だったりします。

 

日常生活をしている場合は、特に意識することもありませんが、我々の仕事では「空室」の場合に注意しないといけません。それゆえに、賃借人さんが退去して新しい方が入居されるまでの間、こまめに水を流す作業をしています。

「空室だから何もしなくていい」

と一見思われがちですが、埃は溜まり、封水は枯れます。空室でも「メンテナンス」は欠かせません。

 

弊社では、空室期間中も責任をもってこの「メンテナンス」を行っています。弊社に管理をお任せいただいた物件は、当然ですがすべて行っています。入居希望者が内見に来て、下水の臭いがしたら興ざめです。こうした事がない様にしています。

 

もちろん、「満室」なのが一番ですが、そうでない時も安心してお任せいただけるようにしています・・・

 

(H)