雨降る日に思うこと

月日が経つのは本当に早いもので、今年も、もうすぐ梅雨の季節がやってきます。ところで、なぜ夏前の長雨の季節を「梅雨」と呼ぶのでしょうか?一説によると、毎日、雨が降るので「毎」の字が入っている梅の雨にしたとありますが、何だかこじつけのようで信じがたいですね。これに関しては、よくわからないというのが本当のところのようです。

 

日本語には雨に関する多くの言葉があります。ちょっと調べてみましたが、あまりに多いので、ここでは、ほんの一部だけ挙げてみます。

 

五月雨:五月の雨、梅雨時の雨、継続的な意味を形容

 

村雨:強く降ってすぐ止む雨、にわか雨と同義

 

時雨:秋から冬にかけて一時的に降ったり止んだりする雨

 

こぬか雨:春に降る非常に細かな雨。秋に降る場合は霧雨と呼ぶことが多い

 

これらは、その一言で、季節や雨の降る様子を表現し、場合によっては鮮やかな映像がイメージとして浮かんできます。それゆえ俳句にも季語として使われることが多いのでしょう。

松尾芭蕉も次の句を詠んでいます。

 

五月雨を 集めて早し 最上川

初しぐれ 猿も小蓑を ほしげ也

 

 

 梅雨の季節を鬱陶しく思う方が多いと思いますが、夏場の水資源の確保や作物の生育には欠かせない慈雨でもあります。芭蕉に倣って一句とまではいかなくても雨について考えを巡らしてみました。最後に、世界のどこであっても、テロなどによる血の雨は降らないでほしいと願っています。