不動産を売る時

住み慣れた自宅を売却する時、あるいは賃貸に出していた不動産を売却する時、どのように売るのかは難しいところです。しばらく人が住んでいた住宅は、どうしてもあちこち傷んでいますので、そのまま売れば通常の相場よりもディスカウントされます。通常の相場(以上)で売るなら「リフォーム」が必要です。ではリフォームすると言っても、どこまでやるのかという問題があります。徹底的にやって新品同様にすれば、それだけ費用もかかります。それだけかけてもメリットがあればそうする価値はあります。

 

「そのまま売る」場合、買う方は「自分で(頼んで)好きなようにリフォームをしたい」という方か、あるいは「買取業者」となります(ごくまれに「そのままでいい」という方もいるかもしれませんが、あえて無視します)。

前者の場合、購入価格は、

 「通常相場価格」-「リフォーム費用」=「売却額①」となります。

後者の場合、

 「通常相場価格」-「リフォーム費用」-「利益」=「売却額②」となります。

大まかなイメージですが、買取業者の方が価格は(「利益」の分)安くなります。

 

 価格だけを見れば①の方が有利ですが、②には「早く確実に売る」というメリットがあります。「価格は多少妥協してもいいから、早く売りたい」という場合は、何といっても買取業者に買い取ってもらうのが何よりも早いです。どちらが良いのか、はその方のご事情次第と言えるでしょう。

 

 リフォームをして売る場合は、「どこまで費用をかけるか」という問題が生じます。

  「売却額③」-「リフォーム金額」>「売却額①または②」

となれば良いですし、さらに、

  「売却額③」>「通常相場価格」

となれば理想的でしょう。

逆にリフォームにお金をかけ過ぎて、

  「売却額③」-「リフォーム金額」<「売却額①または②」

となってしまったら、元も子もありません(もっとも買われた方はハッピーだと思います)。

 

 自分の場合、どうしたら一番良いのか。

弊社は自社で工事ができる長所を活かし、上記の①~③の3パターンについて、参考価格を提示してご相談者の判断をお助け致します。大切な資産を納得のいく方法で売却できる様、お手伝いさせていただいております。

 

不動産の売却を考えているという方は、是非ともまずはご相談いただければと思います。

 

 

 

(H)