法人契約

本日も無事1件の契約を終え、お陰様を持ちまして、弊社の物件に空室がなくなりました(月末に1件退去の予定がありますが・・・)。最近は、契約形態が「法人契約」というのも増えてきましたが、本日ご契約いただきましたお客様も法人契約でした。その「法人契約」のお客様は、勤務先の福利厚生の一つなのだと思われます。

 

お部屋の募集をしている時、しばしば仲介業者さんから、「法人契約は可能ですか?」というお問い合せをよくいただきます。ということは、「法人契約不可」のオーナー様もいらっしゃるということなのでしょう。弊社では、お客様が気に入って借りていただけるのであれば、契約形態は問いませんので、法人契約でも歓迎です。

 

法人契約がダメな理由は、以前は建物を建てる際に公的融資を利用した場合、あくまでも「個人向け」という条件が付されていたというケースも耳にしました。現在でもそういうケースがあるのか、それ以外はよくわかりません。我々としては、実際にはお住まいとして利用していただくのであれば問題はありませんし、大手の企業の法人契約であれば滞納や夜逃げなどのリスクもなく、貸す立場としては実に安心してご利用いただけると歓迎したいところです。

 

ただし、社内規定で「家賃は○○円まで」とか、「管理費は○○円まで」などのように規定があって、弊社の募集家賃と合っていないと、「調整」が必要だったり、泣く泣く諦められたりなどがありますので、そこが難しいところでしょうか。

 

実際に住む方の立場になると、会社が契約してくれれば、家賃の支払い等の手間がかからないというメリットがあります。それに、「法人契約」は、契約までの面倒は見てくれないが、家賃だけ出してくれる「住宅補助」と比べ、税制面でのメリットもあります。つまり、「家賃補助」だと給与の一種とみなされ所得税が課されてしまいますが(手取りが減ってしまいます)、「法人契約」であればこういうことがありません。

 

 

契約手続きは、少々煩雑になることもありますが、入居者にとっても大家さんにとっても、法人契約はありがたいものだと言えます。これからも空室が出れば募集はしていきますが、弊社は基本的に個人でも法人でも大歓迎したいと思います。

 

 

(H)