長期修繕計画

マンションであれば必ず長期修繕計画というものを策定します。マンションも建ててから時間の経過とともに老朽化していきますので、常時メンテナンスが必要です。通常こうしたメンテナンスは計画的に行うものであり、そのための計画が「長期修繕計画」となります。これは新築の場合は30年、既存の場合は25年の期間で策定されます。

 

この長期修繕計画ですが、どこのマンションでもきちんと策定されているかというと、必ずしもそうではありません。ファミリータイプのマンションであれば、大概は策定されていると思いますが、特に「投資用マンション」については、各区分所有オーナーの関心が薄いこともあって、策定されていないケースが多々あります。

 

あるいは、計画も一旦策定されて終わりではなく、5年程度の期間を持って見直すことが国交省のガイドラインに定められていますが、「投資用のマンション」では、新築時に作ったまま、あるいは前回見直し時より長期間見直されていないということが多々あります。投資用マンションのオーナーは外部に住んでいますので、あまり関心がないと言うのがその背景にあります。

 

当然ですが、こうしたメンテナンスをきちんと行っていないと、マンションはどんどんみすぼらしくなっていきます。そうすると、住んでいる人は他へ行ってしまう要因になりますし、新たに借りようと思って内見に来た人には避けられてしまいます。結果的に家賃を下げざるを得ないということになりかねません。

 

こうした投資用マンションの「管理不在」に対し、弊社は管理組合の運営に参加することによって解消していく試みをスタートさせました。今期は日神パレステージ大森というマンションでその活動を行っています。住んでいる人には快適な暮らしを、賃貸オーナーの方には確実な家賃収入を得られるマンションを目指して、活動していく予定です。

 

 

その成果を楽しみにしたいと思います・・・

 

(H)