家賃設定

賃貸オーナーであれば、新たに賃借人を募集するに際し頭を悩ませるものの一つに「家賃」があります。貸す立場としてはできるだけ高く設定したいところですが、高すぎると当然借りていただけません。安くすればすぐに借りていただけるかもしれませんが、ローンを組んでいたりするとそう簡単に安く貸せるものでもありません。その微妙な兼ね合いをどうするのかは、なかなか難しいところです。

 

そんな家賃はどう決めるかと言えば、貸し手の希望もありますが、やはり周辺相場の影響がもっとも大きいと言えます。いくらこの金額で貸したいと思っても、周辺に同じような部屋がもっと安く借りられる状態だとなかなか借り手がつかないでしょう。最近では独自のデザインで特色ある改装をして、周辺相場より高く貸すというところもありますが、よほどの独自性がないとなかなか言葉で言うほど簡単ではありません。

 

弊社では、家賃の設定については周辺の相場環境を眺めつつ、部屋の改装等があればそれを+αの要素としつつ、決定しています。できれば上限でとも思いますが、入居まで時間をかけたくないという思いと、多少でも安く借りていただけたらという観点から、「平均+α」くらいのイメージで決めさせていただいております。

 

もちろん、「+αの価値」がなければ借りていただけませんが、今のところ募集をすれば比較的スムーズに申し込みをいただいておりますので、今のところその価値は提供できているものと考えています。

 

現時点で、空室「ゼロ」。この状態を長く継続できるように努力の手を休めることのないようにしていきたいと考えております・・・

 

(H)