住めばこそ

弊社は賃貸オーナーとして、賃貸に出す部屋については熟知しているつもりです。しかしながら、どうしてもわからないところがあります。それは「住み心地」です。やはり実際に住むわけにはいかないので(貸す前に試用するというわけにもいきません)、これは仕方のないことです。それゆえに、その部分は実際に住んでいた人にお聞きすることで補うようにしています。

 

具体的には、退去の立会時にお聞きするようにしています。例えば現在賃貸募集中のアップルタワー東京キャナルコートですが、ここについては「タワーマンションの2階の部屋」になります。タワーマンションに住みたいという方は、眺望やある程度の高さを求められるイメージがありましたので、それについてはどうなのかと思っていましたが、意外な好評価をいただきました。

 

1つには目の前に広がる運河と遊歩道が織りなすゆったりとした雰囲気だそうで、確かに大きな窓と一体になって、天気の良い日は気持ちが良い景色が目の前に広がります(そのかわり夏は大変だったようです)。休日の午前中に外の景色を眺めながら遅めの朝食を取るのも優雅でいいかもしれません。

 

2つ目は、意外にもリビングの白い「壁」でした。こちらに住んでいた方は映画が好きだったそうで、プロジェクターを購入してこの壁に映して「100インチの大画面」として楽しんでいたそうです。賃貸だからスクリーンをつけにくいと感じていたそうですが、この「壁スクリーン」が見事に代用を果たしてくれて、引越先も「白い大きな壁があるところ」を探されたほどだったそうです。

 

さすがに住んでいた方ならではの感想だと思いました。今度賃貸を検討される方が映画好きなら、是非ともおススメしたいところです。こうした「住み心地」には常に気を配って、これからも入居者の声に耳を傾けて参りたいと思います・・・

 

(H)