居住者優先の憂い

弊社は東京、神奈川に区分マンションを数多く所有し、賃貸に出しています。各マンションによってそれぞれ特色がありますが、1点だけ不満に思っていることがあります。それは「居住者優先」志向です。

 

例えば、つい最近募集を開始いたしました「アップルタワー東京キャナルコート」ですが、駐車場については毎月募集があって希望者は申し込みをいたします。そして応募者多数の場合は抽選となります。抽選ではあるものの、そこで但し書きで「居住者優先」とされているのです。また、外部居住者は理事会の役員になれないとされているところもあります。

 

こうした「居住者優先」の考え方はわからなくもありません。何より買って長く住む人ですから、短期間で出ていく賃借人より優遇されるのは当然と考えるのかもしれません。ただ、我々からすると、同じように大金を出して購入しているわけですし、借りて住んでいただける方には同じようにマンションに住むメリットを享受してほしいと思わなくありません。

 

 

現実に我々のような外部オーナーであっても、負担する管理費・修繕積立金は居住者の方とまったく同じです。義務は同等に課すが権利は制限するというのでは、何とも釈然といたしません。何より借りて住んでいただく方には、徹底してご満足いただきたいと我々は常に考えています。この「不平等」について何とか改善が図れないものか、これからも折に触れて働きかけていきたいと考えています・・・

 

(H)