活況の影

このところ不動産投資が活況を呈しているようです。それはそれで結構なことだと思いますが、一方でトラブルも起きているようです。最近目にしたのは、レオパレス訴訟を採り上げた番組であり、「かぼちゃの馬車」を採り上げた記事でした。いずれも「サブリース」契約の問題を扱ったものです。

 

 個別の問題の是非はともかくとして、根本的な問題点として考えられるのは、「投資は自己資金でやるもの」という原則を無視した結果だと考えます。以前にも申し上げました通りお金を借りてやる投資は投資ではなく、「事業」だということ。事業であれば採算を含め自分で考え、リスクを承知した上で真剣に取り組むべきもので、人任せで片手間にできるものではありません。「30年間一括借上げ」などと誤解を招く広告をする会社もどうかと思いますが、そういう投資の原則を守っていれば、窮地には陥らないでしょう。

 

 サブリースは、一見ノーリスクで有利に見えますが、契約書をよく読めばサブリース会社はすべてのリスクを巧みに避け(あるいは最小限化し)、それでいてしっかり利益を取れる構造になっています。我々も「おいしい商売」になりそうですし、やろうかという誘惑もありますが、それは結局賃貸不動産オーナーにリスクを押し付けて「良いとこ取り」するだけなので見合わせています。

 

 今は不動産価格が非常に高騰しており、「サラリーマン大家さん」などの言葉がもてはやされていますが、安易に(銀行からお金を借りて)始めると上記のようなことも当然増えてくるものだと思います。というと、「リスクを避けるために30年一括契約のサブリースにした」という声が聞こえてきそうですが、相手の(都合の良い)説明だけで信頼してしまったパターンがほとんどではないかと思います。

 

 我々も日々不動産購入案件を紹介していただき、採算が合わなくて買わない(買えない)ことの方が多いのですが、それを買っていく方がやはりいます。個人か法人かはわかりませんが、「大丈夫なのだろうか」と思ってしまいます。我々よりも経営力があるとの見方もありますが、相場の高騰は売り抜ける人にはいいと思いますが、これからの方はよくよく注意された方がいいとつくづく思います・・・

 

 

 

(H)