マンション投資と利回り

昨今、「サラリーマン大家さん」という言葉がもてはやされ、不動産投資を始める方が多いようです。特に中古のワンルームマンションとなると価格帯も1,000万円未満であるものが多く、投資しやすいという背景もあると思います。勉強をされている方であれば、利回りを意識されて、より高利回りの物件を選ぶということもあるようです。

 

それはそれで投資行動としては間違っていないと思いますが、利回りばかりを意識しすぎると、落とし穴にはまってしまうかもしれません。当然なことですが、「高利回り」にはそれなりの理由があるのです。築年数が古かったり、立地が良くなかったり等の「事情」があるからこそ、「高利回りで売りに出す=価格を低く設定する」のです。

 

例えばその「事情」の一つに「修繕コスト」があります。部屋も築年数が経過し、人が住んでいれば老朽化します。入居者が退去して新たに募集する場合、「修繕」が必要となるケースがあります。小規模なものでしたらさして影響はありませんが、水回りの交換ともなれば費用がかさみます。かと言ってそのままでは家賃を下げるか、あるいは状態によっては下げても借り手がつかないこともあり得ます。

 

せっかく安く(=高利回りで)購入したとしても、結局、修繕費でそれなりに取られればトータルでは決して高利回りにはならないということになります。では修繕が不要な新築物件を買えばどうかとなれば、今度は新築だと販売元の利益が乗せられていますので当然利回りは低くなります。一体、どうすればいいのか。わかればわかるほど、わからなくなる世界です。

 

基本的には、両者のバランスということになるのでしょう。リノベーションをしたばかりで当分修繕費はかからない。それでいて利回りもそこそこ高い。弊社で現在販売している『ライオンズマンション生麦』はそんなコンセプトで販売しています。

興味のある方は、是非弊社にご一報願います。

 

 

 

 

(H)