ペットと住める部屋

我が国のペット市場は毎年順調に伸びていて、その規模は1.5兆円を超えるそうです。少子化の影響もあるのかもしれませんが、高齢世帯、単身世帯が増加する背景を考えると、そうした市場規模の拡大も頷けます。しかしながら、それに対応しきれていないというのが、賃貸住宅市場であるように思えます。

 

現在賃貸住宅では「ペット不可」が大半で、検索サイトで検索した際、「ペット飼育可」という条件を追加した途端、件数が激減します。試しにスーモで「大森駅徒歩7分以内、50㎡以上のマンション」で検索すると128件ヒットしますが、ここに「ペット可」という条件を付与すると一気に9件に減ってしまいます。ペットと一緒に住みたい方には、ちょっと厳しい現実です。

 

なぜなのでしょう。1つには、例えばマンションの場合、規約で禁止されているという事情が考えられます。もう1つは、部屋を所有するオーナーが禁止している場合です。これは部屋の中でペットを飼われると、匂いが染みついたりひっかき傷等の傷をつけられる可能性があるからです。次の人に貸す際に消臭や修繕が発生しますので、それを嫌うオーナーも多いのです。

 

弊社の場合、「快適に暮らしていただきたい」という考え方で賃貸していますので、基本的にマンションの規約で禁止されていなければペットの飼育可としています(ただし、消臭や修繕のため、管理費と敷金の条件は飼わない方と変えています)。また、もともとペット禁止であった物件を購入した場合は、現に住んでいる入居者の方の意向を踏まえて、ペット可に切り替えるように考えています。

 

 

現在、賃貸募集中の「クリオレジダンス大森センター」は、「大森駅徒歩7分以内、50㎡以上のマンション」で「ペット可」です。ペットと一緒にマンションで暮らしたいという方は、是非ともお問い合せ下さい。 

 

(H)