黒船来航?

『インド発のホテルベンチャー「OYO」が日本の不動産業界に参入 敷金・礼金・仲介手数料ゼロの衝撃』という記事がネットに掲載されています。→ 記事

何でもインドで創業したホテルベンチャー「OYO(オヨ)」が、日本の不動産業界に参入するということです。同社にはあの孫正義さんが率いるソフトバンクビジョンファンドが100億円以上も投資しているそうです。OYOは、敷金・礼金・仲介手数料なしで即入居が可能な賃貸サービス「OYO LIFE」を開始するとのことです。

 

OYO LIFEで賃貸契約するには以下の4つのメリットがあるそうです。

1.   敷金・礼金・仲介手数料ゼロ 敷金・礼金・仲介手数料ゼロ

2.   家電・家具付きの部屋 家電・家具付きの部屋

3.   スマートフォンで契約から退去が可能

4.   3日間の「住み試し」も可能

これまでの常識からすると、「これでやっていけるのか?」と思ってしまいますが、そういうところに新しい事業のタネがあるのかもしれません。不動産業界に身を置く立場としては大変興味深いところです。

 

そんなOYO LIFEですが、弊社にとっては脅威なのかというと、そうではありません。実はこのたび、弊社もOYO LIFE1部屋提供することになりました。「普通の条件」で借りていただけるということなので、貸す立場としては、文句はありません。その上で商売をされるということなので、それで成り立つのなら凄いことだと思います。

 

 新しい流れが生じてきた時に、反発するのか流れに乗るのかは難しいところです。幕末に黒船がやってきた時も、「たった四杯で夜も寝られず」と揶揄されましたが、官僚化していた幕府側は右往左往し、開国か攘夷かで国内は騒然と致しました。結果を知る立場からすると滑稽かもしれませんが、歴史のただ中にいる時はわかるはずもありません。今回も大家さんの中には同社に部屋を提供するのを拒否された方もいるようですが、弊社は迷わず決めました。

 新しい風にはまずは乗ってみて、何か学ぶことがないか注目して参りたいと思います。 

 

 

(H)